2005年07月12日

お茶は舌と鼻で選ぶもの

梅雨も後半になると、嫌というほど雨が降りますね。

こんな日は、香り高いお茶でも飲んで気分だけでも爽やかでいたいですね。

今日は私の好みのお茶のタイプについて書いてみます。

やっぱりお茶のブログというイメージのタイトルを付けているし、

週に一度くらいはお茶について語らないと。

ただ、私の場合は以前からも書いているように中国茶だからといって、

どれにでも興味を持つと言うようなことはありませんから、

独断と偏見で美味しいと思うものは絞り込まれています。

ですから、中国茶頒布会の会員のみなさんにお分けできるのも、

私の好みのお茶という事になりますので、ご了承下さい(^_^;)


人気榜 → 請按一下



中国の一般家庭で緑茶が一番多く飲まれているのはご存知ですよね。
ですが、私は現在緑茶を単品で淹れて飲むことは、ほとんどしません。
緑茶葉を使う場合には、青茶(烏龍茶)とブレンドして飲みます。


理由は、緑茶よりも青茶(烏龍茶)の方が美味しいものが多いし、好きだから。



龍井(緑茶)も高いものまで飲んでみましたが、
やっぱり私の口には青茶が合います。



青茶の中でも好きなものはある程度決まっています。
発酵が弱めで、焙煎も弱いものです。

ですから、簡単に言えば茶葉がきれいな緑色をしているものが好みです。
形は同じでも、茶や焦げ茶色の茶葉のものよりも、緑色のものを選びます。



焙煎されて茶色っぽいものでも嫌いではないのですが、
私の場合、実家で茶葉を購入して送ってもらうので、
絞り込んだ好みを姉に伝えて、買ってもらっているのです。



ただ、けっこうお茶を見る目のある姉は、
私が伝えているタイプのもの意外でも、
自分が味見して値段と品質に納得すれば送ってくれています。
あの極品人参烏龍茶も、最初はそんな経緯で私のところへ届いたものです。


私もそうですが、姉もお茶の銘柄をあまり気にしません。
茶葉を見て、味見して買うのです。
お茶は名前で選ぶものではなく、舌と鼻で選ぶものです(^-^)


酒飲みの方でも、出来ればこの焼酎、この日本酒っていうのがあるのと同じですね。
酒飲みの人が家で毎日違うお酒を取っ替え引っ替え飲んでいるなんて
あんまり聞いたことがないでしょ。

だから、私は基本的に決まったお茶を飲む、
お茶のみっていう感じですね!
<酒飲みに対抗して>



青茶は、(青茶のみ)・(青茶+緑茶)・(青茶+金木犀)・(青茶+緑茶+金木犀)と
その日の気分でブレンドして飲みます。




今週中に姉が発送してくれたお茶と花が届くのを
とっても楽しみにしているんですよ!


その荷物には、家族が一生懸命探してくれた
ジャスミンの花が入っているんです。


ブレンドで書いた金木犀の部分にジャスミンが加わると、
一気にバリエーションが増えるでしょ(^-^)



私は金木犀の香りがするお茶だとか、ジャスミン茶のように
市販されている段階で、香りが付いているというものの味や香りを
あまり高く評価していません。


やっぱり別々に持っていて、自分の好みでブレンドするのが一番です。
もちろん、茶葉、金木犀、ジャスミンもどれでもいいという訳にはいきませんけど。
茶葉は高い値段を出せば一定の品質のものを手に入れられるかも知れませんが、
花はそう言うわけにはいかないですね。
やっぱり確かな目で選ばないと、失敗しますから。



今日は、久しぶりにお茶について語りました。




今日はメルマガの増刊号を夜の7時頃に配信する予定ですので、
こちらもお楽しみ下さいね!


人気榜 → 請按一下
posted by 楊 琳 at 08:50| Comment(2) | TrackBack(3) | 烏龍茶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月11日

ブログとメルマガを始めて丸二ヶ月です。

土曜日はメルマガでも報告しましたが、

三田の友達と浴衣を買いに行ったり、山に少し残ったスモモやビワを採って食べました。

土曜日は浴衣も値切ったけど、実はデジカメも実家に帰るときに欲しくて

買いに行ったら、今度は正攻法で値切って激安でゲット出来たんですよ(^o^)

この話しは、また別の機会にしますね。

曇っていたけど、山を歩くのはホントに気持ちが良いですね!

ドクダミも友達が、しっかり時間をかけて乾燥させてくれたから、

ミキサーで粉末にして桂林に帰るときにお父さんのお土産として

持って帰ることができます。

このドクダミは飲めば便秘などにも効果があるから、

みなさんもぜひ試してみられたらどうですか?

私は、入浴剤として使うのが一番のお気に入りですけどね(^_^)


人気榜 → 請按一下



最近は、メルマガを購読して下さる方も少しずつ増えてきて
とっても感謝しています。

そこで、今日の記事はこのブログ(とメルマガ)を始めたときからの流れを
改めて紹介しようと思います。


ブログって、私みたいにインターネットに関する知識のない人でも
始められる反面、更新していくと過去の記事を探すのは難しくて、
途中から読んで下さっている方には、
解りにくい部分があるかも知れないと思ったから・・・・。




途中からブログやメルマガを購読して下さった方のために
posted by 楊 琳 at 09:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月08日

『茄子の香味ソース(油淋茄子)』

昨夜の大阪は涼しかったですよ〜(^_^)扇風機もなしで眠れました。

昼間は暑くても、せめて夜が涼しくて良く眠れたら嬉しいですよね!

昨夜はね、上海の方からメールが来ていました(^_^)

私は早く寝てしまう方なので、今朝読んだんですが、面白いことを書いておられました。


私の『浴衣値切り作戦』に対抗して、上海で同じ事をやってみようかって!
中国語しか通じない店に行って、やってみられたら面白いと思います。
日本語で適当な事を喋って、欲しい商品を指さして
自分の買いたい値段の分だけお金を突きだしてみたら面白いかも(^_^)
一緒に、日中両国語が話せる中国人が居れば最高ですね!

あっ、でもこの話題って、メルマガを読んでいる方にしか
通じないんですよね(^_^;)すいませんm(_ _)m


でも、中国で商品を値切るときのコツをついでだから書きますね!


まず、欲しい商品を見つけたら、値札に関係なく
自分がいくらで買いたいかを決めます。

そして、○○○元なら買うと店員に伝えます。
多分、相手は値札の価格と、いくらなら買うと伝えた値段の
中間くらいを改めて提示してきます。


その時に、もう一度自分の決めた値段で買いたいと伝えて、
それでも店員が難色を示したら、それじゃぁ要らないとハッキリ言ってやります。

お店や、商品にもよりますが、多くの場合ここで店員が
分かりました、その値段で売りますと言います。


少し嫌な顔はされるでしょうが、そんなことは気にしないで下さい。
中国はまだまだ接客やサービスの教育が出来ていないだけですから!



ところでみなさん、リコピンって知ってます?
トマトに入っている栄養素で…え〜っと詳しいことは、美人手帳
書かれているんですが、トマトは火を通した方が身体には良いんだって!
私、朝からお勉強しました(^_^)




そこで、今日は『茄子の香味ソース(油淋茄子)』という中華を紹介しますね!

そしたらまた、渡辺さんのブログで、栄養の事を教えてもらえそうだから(^_-)

油淋茄子.jpg

写真は私がお気に入りのお店のメニュー複写なんですが、
いつもながらひどい写真でごめんなさい(;_;)

でも食べたらホントに美味しいから、夏の一品にいかがですか?


まず、茄子はへたを切り落として、縦半分に切ります。
<皮には包丁で格子状に切り目を入れておいて下さいね。>



次にソースを作ります。

普段は感覚で調味料を合わせるのですが、
いつも私のレシピには肝心なその部分が適当なので、
ちゃんと書けるように計りながらソースを作ってみました。

が、・・・・・・・・・・・大失敗(*_*)

慣れないことはやるもんじゃないですね(-_-;)

計ると、普段の感がまったく働かずに段々泥沼へ。



調味料を加えて味見を繰り返している内に、
100ccもあればいいソースが、300ccにもなって最悪(=_=)


ではまた来週(^_^)/~






違う違う、せっかく苦労したんだから、
納得できる味じゃなかったんだけど、一応書いておきますね。
特に著作権はありませんのでアレンジはご自由に!



◇中華味の素(がらスープの素)を溶かしたお湯 150cc

◇こいくち醤油 50cc

◇ 砂糖 20g

◇ 酢  40cc

◇ 味の素 少々

◇ ごま油 大さじ1杯

◇ お好みで中華山椒少々(なくても良いですよ)




以上を鍋で軽く一煮立ちさせます。
ごま油は火を止める寸前に入れて下さいね!



これで香味ソースの出来上がりです。
このソースは冷めたらドレッシングにも使えますよ!


茄子を油でしっかり揚げて、熱々の香味ソースをかければ出来上がりです。
あしらいには、キャベツの千切りや、レタスの荒切りが合いますよ!



これも、お酒の肴に、ご飯のおかずにGOODな一品です。


以上、またメッチャ適当、琳ちゃんの3分間クッキングでした(^_^)



人気blogランキング
posted by 楊 琳 at 10:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月07日

「焼き鳥美味しい」

今日は七夕ですね。

でも、大阪の夜空では天の川はどうせ見えないです(‘_’)

天気にもよるけど、天の川が綺麗に見えるようなところに住んでいる方が

羨ましい気がします。

私、英語は全くダメなんですが、天の川を英語でなんて言うかは

知っているんですよ!「ミルキーウェイ」

なんか美味しそうな名前だから、一度聞いたら忘れません(^-^)



昨日のメルマガで配信した、「浴衣値切り作戦」は、かなりウケたみたいですね!
多くの方からメールを頂きました。
また、結果をメルマガで報告するつもりです。
<こうなったら、やらないと仕方がない状況になってしまった(^_^;)>


でも、先に読者の方に教えちゃったから、
今度こそ、その最中に自分が吹き出しそうで怖いです(^^;)



これから、メルマガで日本語を喋れない中国人のイタズラシリーズ

書いていくつもりですので、楽しみにして下さいね!

昨日書いたイタズラだけじゃなくて、友達と一緒に、

もっとたくさんの面白いことをやっていますから(^_-)

企画だけで、まだ実行していないのもありますしね!




今ね、うちのセキセイインコのピーちゃんに言葉を教えているんですよ!
まずは「ニーハオ」です。
かなり変なヤツなんですが、一応話しかけると首を傾げながら
一生懸命言葉を聞いている(フリだけ?)から、きっと喋ると思います。


今は足の怪我も治ったみたいで、昼間はカゴに入れてベランダにいるのですが、
部屋の中でカゴから出すと飛び回って壁に激突を繰り返した後は、
私の肩でおとなしくしています。

それに、人が食べている物なら、何でも食べるんですよ。
玉子でも肉でもフルーツでも…。

だから、「ニーハオ」って喋れるようになったら、
次は「焼き鳥美味しい」って教えようと思っています(^o^)



今日はちょっと用事を済ませないといけないので、
短い記事でごめんなさいm(_ _)m


人気blogランキング
posted by 楊 琳 at 09:12| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月06日

ダイエット(減肥)と美容と健康

櫛.jpg
この櫛は私が普段使っている中国製の櫛です。

飴色で使い込んでいる感じがするでしょ。

これは、天然水牛の角で出来ていて、
使い込むほどに良くなってくると言われています。
確かに私も長く使っているけど良いですよ!


肌に優しくて静電気が発生しにくいのが特徴らしいです。


この水牛の櫛を作っている老舗みたいなのがあって、
これはそこの櫛です。

でも、水牛の角で出来た櫛と書いて売っていても、
見るからに素材が全く違うものも多いです。


中国製品はどれもそんなところがあります。
製品名とか、謳い文句は同じなんだけど、
良いものと粗悪品がかなり極端です。

なんと言ってもコピー天国って言われる国ですから(-_-;)
自分の母国ながら情けないです。


人気blogランキング


■今日はダイエットとか美容とかについて


みなさんは美容と言えば普段のお肌のお手入れとか、
どんなことをなさっているんでしょうね?


私は、半年ほど前に買ったナショナルのナノケアって言うのを毎日やっています(^_^)


イオンスチーマーとかいって、顔に蒸気を当てるんですけど、
テレビを観ながらでも出来るから、お気に入りです。


他には胡瓜パックかな?


これが結構良いんですよ!
私はもう10年も続けているけど、スライスした胡瓜で顔をスリスリして、
自分が気になる部分にスライスを乗せたまましばらく待つだけ。

安上がりだし、肌が白くなる感じがします!


化粧品にしても、パックにしても、エステにしても、
興味はあるけど、結局自己満足にお金を使うだけでしょ!
最近はもったいなく感じるようになってきました。
だって、結局どれもたいしたことはないから。


ダイエット(減肥)とか健康についてもそうですよ!


今は寒天がブームのようですが、
ファッションのブームを作り出す人がいるように、
健康食品(食材)も最近は特に無理矢理作っている気がしませんか?

そしてしばらくすると消えて忘れ去られるのに。


みなさん、山査子(サンザシ)って知っていますか?

中国では良くお菓子になっているものを食べたり、
八宝茶にも入れたりするんですけど、
最近、この山査子も流行らせようとしているようです。

昔から身体に良いのは、知ってるちゅうねん!!!!


とにかく、なんでも続きもしないものを
宣伝に振り回されて買わない方が良いですよ!


それなら、私のメルマガ、
「ダイエットは肥らない中国人に聞け!
辛くない、リバウンドしない、お金をかけないでヤセル」

でも読んだ方がよっぽどためになりますよ(^_-)


そんなメルマガを
このブログが人気blogランキングで1位になるようなことがあったら、
中国32年(私、四千年も生きてない)の奥義をちりばめた内容で発行予定ですが、
1位は無理で〜す(^o^)


こんな、ジョークは面白くなかった?
シュン…・・(;_;)
posted by 楊 琳 at 09:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月05日

メッチャ美味しい叉焼

今日は烏龍茶を使った中華料理を紹介しますね!

実はこの料理、この前の日曜日に友達の家に行ったら、

友達が作っておいてくれたものなんですが、あんまり美味しかったから

レシピを聞いてきました。

この友達は日本人なんですが、中国人も真っ青というくらいの

美味しい中華を作るんですよね(^_^;)


人気blogランキング


中華料理といっても、みなさんご存知の叉焼です。
厚切りだから豚の角煮のようでもあるけど、
食べたらやっぱり叉焼です。

ここからは、友達から教えてもらったレシピですが、
自分が作ったような感じで書きますので!


まず、豚バラのブロックに塩コショウで下味を付けます。

それをフライパンで回りに焦げ目が付くまで焼くのですが、
焼く前にタコ糸で縛っておけば崩れません。
<友達の行くスーパーにはタコ糸代わりの筒状のネットが無料で置いてあるそうです>


回りに焼き目が付いたら、お湯に烏龍茶葉、生姜、ニンニク、
あとは家にある野菜(ネギの根っこ、キャベツの芯)などを入れて
沸かしたものに豚バラを入れて煮ます。
<生姜、ニンニク意外の野菜はなければないでいいです。
 それと烏龍茶葉は、お茶を飲んだ後の茶殻や安物で充分です>

※烏龍茶は肉を柔らかくしてクセを取るんだって!


煮るときは常に強火です。(灰汁を取りながら)

出来れば2時間(1時間でもOK)煮て、豚バラを取り出します。


この煮汁(全部使う必要はない)に砂糖、醤油、紹興酒、八角を入れて
弱火で温めながら豚バラをその中で煮ます。
※味の濃さは、舐めたときに丼のタレとかそうめんのタレより少し濃いぐらいです。
<八角は5分程で取り出して下さい。長く入れると嫌味になります。
 紹興酒がなければ、料理酒や日本酒でもいいです>



30分ほど煮たら、火を止めてそのまま置いておきます。
<友達が言うには、温度が下がっていくときに味は染みるんだって>

冷めるまで置いたら、お好みの厚さに切って食べるだけです(^-^)

トンポーロー.jpg

いつも下手くそな写真でごめんなさいm(_ _)m
美味しいものも写真が悪いと不味そうにみえますね(;_;)
でもメッチャ柔らかくて、ホントに美味しかったんですよ!


聞くと簡単なのに、中国でもあんな叉焼はなかなか食べられないです。


いつも私のレシピは調味料の量が明記されていないのが特徴ですね!
<って、それをレシピと呼べるのかが疑問ですね(^_^;)>



でも、お料理好きで、この記事を読んでもし作ってみようと思うような方は、
だいたい感覚で解りますよね(^_-)


人気blogランキング


そして、この叉焼を味付けしたタレがあるでしょ!
これはペットボトルなんかに入れて冷蔵庫で保存すれば、
かなり日持ちしますから、ぜひそうして下さい。

炒飯の味付けや、他の中華にも調味料として使えば、
グッと味が引き立ちますから!


人気blogランキング
posted by 楊 琳 at 09:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 烏龍茶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月04日

香片について

今日もよく降りますね。

天気予報で日本は亜熱帯化してきたと言っていました。

降らないと言えば全く降らず、降ると言えば集中豪雨のような降り方をする、

これは亜熱帯気候の特徴らしいです。

農作物が潤ったり、水不足が解消されるのはいいけど、

被害が出るほど降らないで欲しいですね(=_=)


人気blogランキングは7位に転落しちゃった、もう、順位を気にするのは止めます(^_^;)



みなさんはお茶を淹れるときに、どんな水をお使いでしょうか?
私は普段、スーパー(ライフ)に無料のミネラルウォーターを汲みに行って
それを使っています。

最近、他のスーパーでもよくありますよね!
最初に専用のボトルを購入したら、
あとはずっと無料でお水をもらえるサービスが。

でも、ミネラルウォーターがお茶を淹れるのに向いているかと言ったら、
そうとも言えませんね。
ただ、水道水よりは良い事だけは確かです。

衛生面に問題がなければ湧き水、井戸水がやっぱり最高でしょうね。
そんな水が手軽に手に入る環境にお住まいの方が羨ましいです。

もし、みなさんが水道水を使ってお茶を淹れているのなら、
せめて塩素だけは抜いた方がいいですよ。
特に良いお茶を淹れるときは、もったいないですからね!


塩素の抜き方は、5分以上沸騰させるか、
前日の晩から容器に入れて、一晩おけば大丈夫ですよ。



私は木犀をブレンドするので特に香りにはこだわりがあります。
お茶を入れたカップを口に近づけたときに漂う芳香が、
殺されてしまうと嫌ですからね。

香片という言葉をご存知でしょうか?
香片というのは一般的に包種茶に花の香りを付けた花茶(薫花茶)のことで、
日本では、香片と言えばジャスミン茶だと思われているようです。


しかし、もともと香片とは茉莉香片(ジャスミン)、菊香片(キク)、
桂花香片(キンモクセイ)を指します。


桂花で香りを付けた香片が一番香りが良いとされますが、
原料である良質の桂花が手に入りにくい為、
茉莉香片が主流になっているわけです。


しかし、個人的には香片よりも茶葉に、
直接良質の花をブレンドした方が香りも良く美味しいと感じます。

だから、今家族にジャスミンの花だけを乾燥させた物を
探してもらっているんですよ!
きっと緑茶や青茶にブレンドしたら、
市販のジャスミン茶よりも香りがいいはずだと思ってね(^-^)


今日は、久しぶりにお茶について書いてしまいました。
<書いてしまいましたって、もともとお茶のブログでしたね(^_^;)>



       {オマケ}


■ 中国人はざっくばらんで大胆か?それとも無神経?



今日も両親来日シリーズです。



前に、中国では若い女性も堂々と太陽の下に下着でも干すことは書きましたね。
これも日本から見ると大胆に見えるかも知れませんが、
他にも色んな違いがあります。


まず、両親が来日していたときに地下鉄やバスに乗って、
私が一番焦ったのは話し声の大きさです。



まぁ、中国語だから何を話していても周りには解らないのでしょうが、
でっかい声で中国人が電車やバスで話している光景を想像して下さい。
気にならないと言ったらウソになるでしょ。
だって、車両の端から端まで届くような大声なんですよ(-_-;)




私は恥ずかしくて、何回も注意をしました。
私も昔はそうだったのかも知れないのですが、
長く日本に住んでいるから、すごい違和感を感じました。


でも、考えてみれば中国に帰った時に気にして見ていると、
確かにみんな声がでかいですね(^_^;)
誰に向かって喋っているの?って言うくらい。


国が広いから、あんな風になるんですかね?



それに、中国では女性に平気で年齢を聞くし、
別にそれが失礼な事だという認識はないんですね。


あと、他人の給料も平気で聞きますよ!



日本で初対面の人にそんなことをしたら、
アホ扱いにされて、もう喋ってもらえないでしょうね(^_^;)


人気blogランキング
posted by 楊 琳 at 09:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 特選フレーバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月03日

雨の日曜、暇つぶし

今日は一日中、雨になるみたいですね雨

雨の日は退屈だし、みなさんも退屈していると勝手に決めつけて、

日曜日だけど記事を書こうかなと思って…。


退屈している方の暇つぶしになれば嬉しいです(^_-)
<私にとっても暇つぶしだけど(^_^;)>




人気blogランキングはみなさんのお陰で、4位右斜め上まで上がっていましたm(_ _)m

ここまで来るとベスト3ぴかぴか(新しい)も手が届きそうです。

あのランキングって、みなさんのクリックという鞭で

このブログという馬が前を走っている他の馬を追い上げているみたいですね!





私もその鞭に励まされて、面白い記事を書こうと頑張っちゃいますから。

今日、ご訪問いただいたみなさんにベスト3を追い上げる
鞭をピシッとお願いします(^_^)

<鞭って…私、変な趣味はありませんから(^o^)>



昨日も友達の家に遊びに行ってたんですが、
雨で山桃やスモモを採りに行くのは諦めました(;_;)



ご希望のみなさんに送る木犀やお茶を
友達に手伝ってもらいながら計って袋に詰めていると、
ついあれもこれもと、オマケを一緒に送りたくなりますね(^_^;)
みんな私のメルマガやブログの大切な読者の方々ですからね!


まぁ、オマケと言っても薔薇とジャスミン龍珠茶しか
今は手元にないんだけど。


その後は、友達の車に乗せてもらって温泉いい気分(温泉)に行ったり、
ジャスコで浴衣を見たりしていました。
私、運転免許は原動機なし自転車しか持っていませんから(^_^;)




今年は浴衣を買おうかなぁと思って…。
浴衣を着て花火を見に行きたいです(^-^)
一応、私も浴衣くらいなら帯も自分で結べるんですよ!
<下手くそですけど>



ピシッっと鞭を入れたら、駄馬も走る〜(^o^)





今日は、中国の男女同権というか、女性上位に関するお話しです。


以前は中国でも結婚すると苗字は基本的に男性のものを
奥さんも名乗るのが普通でした。

例えば、Aさん(男性)とBさん(女性)が結婚した場合、
女性の苗字はABさんと言う風になっていたのです。

解りやすく言うと、王さん(男性)と李さん(女性)が結婚すると、
李さんは王李さんという苗字になるわけです。


しかし、これは過去のことで、現在では夫婦別姓、
つまり結婚してもお互いに名前はそのままと言うのが一般的になっています。
これが男女同権と言えるのか私にはよく判りませんが。

ただ、奥さんがご主人の姓を名乗りたいと言えば、
それも可能ですし、役所は受理します。

夫婦の間に産まれた子供の姓は、
一般的に父親のものを名乗りますが、別に母親の姓を名乗っても問題ありません。

日本でも男女別姓が可能になったようですが、
どちらでもいいと言われると、こだわりはなくなるような気がしますね。



ちなみに、中国の役所は戸籍なんかに関して、かなり適当です。



ピシッっと鞭を入れたら、駄馬も走る〜(^o^)





中国では同じ発音のにひっかけた笑える言葉や禁忌がありますが、
次は恐妻家?の中国バージョンです。



妻管厳と気管炎は発音が同じになるのですが、
この妻管厳が日本語で言う、恐妻家という言葉の冗談なんです。
<冗談というのも変かな?>


気管炎は日本語の気管支炎の事です。

それで発音が同じなので妻管厳は、奥さんが怖い病気って言うような
感覚でよく使われます。
妻に厳しく管理された、情けない亭主っていう感じかな?



女性から言うと、
酒も煙草も浮気もせず、せっせと働いてお金をコツコツためる亭主、
夜遊びも博打もせず、家事も子育てもしっかり手伝う亭主、
そんな亭主を見つければ女は幸せになれるし、
子供も幸せになれる。

そして、男の子はそんな父親を見て、同じような真面目な男に育って欲しいし、
女の子は将来そんな旦那さんを見つけなさいって言うような、
教訓とも冗談ともとれる言葉ですね。


ちょっと、最近の中国の女性は甘えすぎって感じが
私はしていますけど。
男が弱くなりすぎたのかも知れませんね。


私は翻訳や通訳を仕事にしているのですが、
中国人が面白くても、その面白さを日本の人に理解してもらうのは
難しい時がありますね(^_^;)



ピシッっと鞭を入れて、ベスト3に入賞!(^^)!




ダラダラと書いてきましたが、
最後はメルマガやブログで既に有名になった気もする
私のお母さんの話しです(^_-)



これも、去年の夏に来日していたときの話しです。
思い出すと、お母さんネタはいくらでも出てきます(^_^;)


盆踊りに行ったときに、息子の友達や私の友達家族が
たくさん盆踊りの会場になっている公園にいたので、
母親に、あの子は何人家族だとか、
あの友達は子供が何人だとか、説明してあげていたんですね。


すると、母親は子供が1人の夫婦、
子供が2人の夫婦、子供が3人の夫婦と一通り私の友達の事を聞いた後で、
子供の数で、夫婦仲が良いか悪いかを真顔で一刀両断。


子供が1人の夫婦と聞けば、あんまり仲が良くないんだね、
子供が2人の夫婦と聞けば、まぁまぁ仲が良いんだね、
子供が3人の夫婦と聞けば、とっても仲が良いんだね    って(*_*)

「夫婦は喧嘩しても、ベッドに入れば仲直り出来るから、
仲直りした回数だけ子供もいっぱい出来る」だって。


よく真顔でそんなことを娘に語るわ!

夫婦仲評論家か?



だから、あんたも子供が一人だから夫婦仲が良くなかっただろって、
私のことまでバッサリと。



確かに、私は離婚もしたし、旦那とは上手くいかなかったですよexclamation×2


私は反撃のつもりで、

「じゃぁお母さんとお父さんは、三人も娘がいるから仲が良い訳?」

「Hもよくしてるの?」って言ったら、



「以前はよくしてたし、仲が良かったけど、今はしてない」だって。



娘の前で堂々とこんな返事が出来るお母さんって……。

自分の母親ながら、あの物事の解釈の仕方や
何でも恥ずかしげもなく喋るあの性格って…・。

私、ちょっと似てる?


いや、全然似てない、似てないexclamation×2



母親に関しては、深く考えるだけ無駄なのだ。


教訓めいたことを言っても、所詮東急ハンズのトイレが好きなんだから。


人気blogランキング
posted by 楊 琳 at 08:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 中国の習慣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月01日

中国の交通マナー&日中自転車事情

大家好.jpg


昨日はメッチャいっぱい寝たから、元気復活です!

体調を気遣うメールやコメントを下さったみなさん、

本当にありがとうございました、とっても嬉しかったです。

人気blogランキングも、まだベスト10に入っていて、
いつもクリックして下さる方々に感謝していますm(_ _)m



「大家好」は、「みなさん、こんにちは」という意味で、
大勢の人を相手にしたときの挨拶です。

「ニー好」も、みなさんよくご存知のこんにちは!っていう挨拶ですが、
これは、個人の場合に使うあいさつですね。


今日は、また中国の話しや、うちの母親の話しを書きますね!
メルマガが週末だけの発行にしたので、書くことがたくさんありますから(^_^)



でも、中国での習慣や日本と違う部分なんかを
一人で思い出そうとしても、出てこないんですよね…(‘_’)


そんな時に、上海在住の方からのメールや、
中国人が友達にいらっしゃる方のコメントなんかがとっても助かるんです(^_^;)

ちょっとメルマガのような書き方でいきますね!


■ 中国の交通マナー

これは、一言でいって最悪です。
上海在住の方も、免許があったとしても絶対に車に乗ろうとは思わないって!

日本でも歩行者や自転車の人は特に信号を無視したりもしますけど(私も)、
中国ではあんな可愛いものじゃないです。

よく日本でも冗談で、青は進め、黄色は気を付けて進め、
そして赤は死ぬ気で進めとかって言うでしょ。
中国ではその色を意識する前に、信号機の存在自体無視していますから(^_^;)


それでも、桂林なんかでは交通違反をしてお巡りさんに捕まると、
罰として交差点の真ん中に立って交通整理をさせられます。
みんな、恥ずかしくて捕まってしばらくはおとなしくなるみたいですが、
結局、元に戻って交通マナーは全然改善されていないですね。




中国に旅行される予定のある方は、信号機に頼らないように(^_-)





人気blogランキング ← クリックしてくれたら次も読んでいいよ!
ウソ、ウソ、私そんな意地悪じゃないです〜(笑)





■ 日中自転車事情

中国は自転車大国と言われて、
みなさんもそんなイメージをお持ちじゃないですか?
確かに、その通りですね!
私も、普段の移動手段は自転車ですから!<かなり暴走する(^_^;)>

私の自転車には傘を取り付けるホルダーも付いているし、
雨の日も、日傘も完璧です。
そう言えば、自転車に付ける傘のホルダーって、
関西では売れるけど、関東では全く売れないって聞いたことがあります。
格好悪いと思われてるのかなぁ?
大阪のおばちゃんは格好を気にしないってこと?
私も、格好よりも実用主義の大阪のおばちゃんで〜す(^_^;)


それで、私の自転車にはもちろんライトも付いているんだけど、
あれだけ自転車の多い中国で、ライトのついたものなんて
ほとんど見ることがないですね。
ライトが付いていたら、超高級車って感じかな。


私が三年前に桂林に帰ったときに、家族でカラオケに行ったんですね。
つい日本の習慣で、鍵をせずに置いていたら、
盗まれたんじゃなくて、鍵をかけられていました。
もちろん鍵はもう付いていなくて、家まで押して帰るのに
大変な思いをしたんですよ(>_<)


中国にも暇で意地の悪いヤツがおるから腹立つわ!
アホちゃうか、ホンマに!<失礼しました(^_^;)>


でも、まだ日本の方が平和というか安心というか…。

それでね、母親が日本に来ていたときの話しなんですけど…

よく日本でスーパーの前に鍵もせず、
荷物もカゴに入れたままの自転車を見かけますよね。


中国では絶対、絶対あれはあり得ないです。


お母さんは、日本に来て自転車に鍵をせずに置いていても
盗られないことがとっても気に入ったみたいでした。

不用心なことをしているのをお父さんに叱られても、
全く聞く耳を持ちませんでした。

それどころか、「ここは日本だから、大丈夫です」って、
逆にお父さんに説教していました。


いつも周りに恥ずかしい思いをさせたりして怒られているお母さんが、
お父さんに説教しているのは面白かったです(^-^)



人気blogランキング


もう一つ面白い中国の話しがあるんだけど、
それは日曜日のメルマガでお届けしますね!
posted by 楊 琳 at 10:07| Comment(1) | TrackBack(0) | 中国の習慣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月30日

キャベツとトマトの強火炒め

目の下に熊猫.jpg

昨夜は、読者の方からたくさんメールを頂いて、

その返信をしていたら寝るのがかなり遅くなりました。

みなさん、結構夜型?の方が多いのかなぁ?

私はどちらかというと朝型なので、今日はちょっとフラフラって感じです(^_^;)

今日は仕事を片付けたら目の下の熊猫をとるために、お昼寝しないと。


夜中の12時〜1時に寝ているかどうかで、
かなり睡眠による疲れのとれ方が違うらしいですよ。
夜更かしはお肌にも悪いし(^^;)

でも、毎日嬉しいメールをたくさんもらえて、ホントに感謝しています。
たくさんの方に仲良くしてもらえて、このブログとメルマガで
会ったことはないけど友達(と私が勝手に思ってる?)ができて、
みなさんにはとっても感謝していますm(_ _)m



メールをまだ返信出来ていない方には今日中に返信して、
この土日でお茶と木犀の発送の準備もしますので、
あと少しお待ち下さいねm(_ _)m


人気blogランキングは今9位で〜す(^o^)


先日「トマトと卵のうま煮」っていう料理を紹介したでしょ!
あれは、コメントで作り方を書いて欲しいと言って下さる方が
おられたので記事にしたんですが、その方が早速試しに作ってみたそうです(^-^)

自分が紹介した料理を作って下さったって聞いたら、すごく嬉しいですよね!



ぜひ、このブログも見に行ってもらえたら嬉しいです。

渡辺さんのブログ  美人手帳



私、このブログのアクセス解析を時々見るんですが、
「トマトと卵のうま煮」を紹介した記事を読んで下さる方が
かなり多くて、料理紹介って喜ばれるのかなぁ?なんて勝手に考えていました。

そこで、調子乗りの私は、今日もトマトを使った簡単料理を
紹介することにしました(^_^;)
これも中国の家庭料理です!

先日、コメントに書いて下さった方がいらっしゃいましたが、
中国では生のトマトは砂糖をつけて食べるのが珍しくありません。
私は、やりませんが・・・。




人気blogランキングは今9位で〜す(^o^)





「キャベツとトマトの強火炒め」

キャベツとトマトの強於゙uめ.jpg


これは、ホントに簡単ですよ!

@トマトは8等分程度に切って、キャベツは一口大よりやや大きめに切ります。

A熱したフライパンに油をひいて、まずキャベツを炒めます。(強火で)

B少しキャベツがしなっと?してきたら、トマトを入れます。
味付けは、がらスープの素、味の素、塩、コショウのみです。
私は塩コショウの混じったヤツを使っています。

C味が調って少しだけ汁気が出たら出来上がり。炒め過ぎないように!

これ、メッチャ簡単だけど、野菜がいっぱい食べられるし何より美味しい!
最近はキャベツも安いし、お薦めですよ!


琳ちゃんのメッチャ適当、3分間クッキングでした(^_^)v


人気blogランキング
posted by 楊 琳 at 09:25| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。