2005年07月26日

中国茶の効能2

今日は台風の接近で、せっかく息子が楽しみにしていた林間学校の出発が

一日延期になり、2泊3日の予定が1泊2日になりました。

可哀想にもうやだ〜(悲しい顔)

近畿は雨しか降らないし、兵庫県の北部に行くんだから、

予定通り連れていってくれたらいいのにちっ(怒った顔)



請按一下→人気榜



私がダイエットのメルマガも発行しているのは、
先日のメルマガに書きましたよね!

もしかして、普段はここで終わりという部分の下に、
編集後記として書いたから、そこまで見ていなかったかな?ザンネ〜ン(^_-)




まぁ、それはいいとして、中国茶や花の効能書きってホントに面白いですね!



私は以前から書いているように、ずっと続けて飲めば
自分なりにはどんな風に身体に良いかは、
実体験として知っているつもりですが、
やっぱり毎日飲まないと、効能なんてないに等しいと思っています。


私が持っているジャスミンの花はマツリカというものらしくて、
これに関してもあるページで効能書きを見つけました。
<マツリカという品種もこれをお分けした会員さんに教えてもらいました(^_^;)>


濃厚な花の香りが、情緒に深く作用し、
感情の混乱からくる不安を和らげ、リラックスさせます。
自信をなくして落ち込んでいるときには気分を快活にする効果があります。
コラーゲン生成の補助やメラニン色素生成の抑制、
新陳代謝の円滑化作用などが、お肌のくすみ、老化肌の悩みを内側から改善します。
外用使用すると、老化肌の改善をしたり炎症を抑えます。



すごいですね!でもこんな効能が発揮されるまでどうやって摂取するかは
書かれていないんです。



昨日、ちょっと触れた金萱高山茶に関してはこんな感じです。


生活習慣病・ガン予防、美肌効果 ダイエット効果 、冷え性解消、
ボケ防止、ストレス解消、二日酔い防止、アロマテラピー効果




これまたすごいですね!


凍頂烏龍茶では


肥満防止・成人病予防等に効果があります。
カフェインやカテキン・アミノ酸・テアニンなどを多く含み血管を拡張し
肝機能を活性化させ他にも老化防止・コレステロール値を下げる効果もあるといわれています。
凍頂烏龍茶に含まれるメチル化カテキンは花粉症の症状を押さえる効果があります。




全部、すごいですよね!
私はどれも毎日のように、しかも一日に2リットルほど飲んでいるから
健康なのかなぁ?

でも、一週間に一回とか、一週間だけ飲んで止めるとか、
それではもしこの効能書きが本当だとしても、
効果なんて出るわけがないですよね!


少なくともお茶は薬じゃないし、続けないと効くわけがないんですよね(^_-)



じゃあ、続けるにはどうしたらいいかって言うと、
自分が毎日でも飲める、好きな美味しいお茶を見つけて飲むこと!

もちろん、バカ高いお茶は買い続けるのも大変だから、
一日当たり100円以下でいっぱい飲めるものがいいですよね(^-^)
それにブレンドして香りをアレンジできる花を持っていれば、
飽きも来ないしバッチリです(^_^)v




中国茶の効能の真偽は何とも言えませんが、
一日に水分を2リットル以上摂る習慣を三ヶ月続ければ、
便秘を改善できることだけは確かですよ!
私、友達で実験しましたから(^_-)
<自分はもともと便秘じゃないので>



腸の中に詰まっている乾いた小麦粉を
一定の水分を摂取し続けることによって、
ラーメンの麺が打てる固さに変えていくって感じかな?



ちょっと例えがおかしいですか?


でも、私がこの手の表現にムキになると、
露骨になっていくので、この辺で止めておきますね(^_^;)



請按一下→人気榜
posted by 楊 琳 at 09:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 烏龍茶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月25日

花火は明日

台風が近づいているようですね(‘_’)

明日から、息子は林間学校で兵庫県のハチ高原に行くのに、

天気が荒れないことを願っています。


請按一下→人気榜



昨日はまたとんでもないドジをやってしまって、恥ずかしかった〜(^_^;)


私は昨日、勘違いしていて天神祭りの花火があると思いこんでいました。
昼間から、浴衣を着た若い女の子やカップルもたくさん見かけたし、
私も先日買った浴衣を着て、息子と花火を観に行くぞ〜って張り切っていました。



夕方、
軽めの夕食を摂って、早速浴衣に着替えました!
久しぶりに着たので、かなり苦労したけど、
まぁなんとか、ちゃんと帯も結んで、ご機嫌でした(^_^)



天満までは行くつもりがなかったので、家から15分ほどの
花火がよく見える場所へ行くつもりで6時過ぎに出かけました。
途中で、友達親子も誘ってみようと思い、立ち寄ってみると、
家から出てきた友達は



「夜店に行くの?」

「それもあるけど、花火、花火!」

「え、花火って天神祭りの?あれ、明日やでぇ」

「・・・・・・・・・・・ホンマに?」がく〜(落胆した顔)
<一瞬、私は固まったようになりました>



「それに、琳ちゃんなぁ、浴衣着て自転車は止めときやぁ、
 オッサンやないんやから、浴衣着てチャリンコ乗ってる女なんか
 見たことないやろ、ワハハハハハァ〜〜〜」



友達の爆笑はしばらく止まりませんでしたふらふら



そんなに笑うことないやろ(>_<)
それにしても、恥ずかしかった〜(;_;)



でも、一番の被害者はドジが浴衣に着替える間も待ってくれていた息子ですよね。
言葉には出さなかったけど、
その目は「また、やりよった」と言っていました(*_*)




息子とトボトボ引き返しながら、

「花火が明日やったら明日って、ちゃんと言うてくれんとあかんわなぁ!」

                              って言ったら、

「誰が花火、今日やって言うたん?」

                   冷静な息子の言葉が返ってきました。


そのまま帰るのも気が済まないから、
息子とたこ焼きとかき氷をヤケ食いして帰りました(=_=)



請按一下→人気榜



【オマケ】

今では日本語もほとんど読み書きできる私ですが、
まだ苦手な部分が何カ所かあります。


実は先週の金曜日に、同じ桂林出身で東京に住んでいる友達から、
またお茶が届いたんです。


金萱高山茶なんですけど、これを会員のみなさんにお分けしようと思って、
メールの文章を考えていたときの事です。


この金萱高山茶はほのかにバニラの香りがして、
ホットで飲むと特に美味しいのですが、
その美味しさをよく見かける表現で表したかったんです。


その言葉を思い出そうと頑張っていたんですが、
思い出そうとすればするほど、イメージと違ってきたので、
仕方なく友達に電話をして聞きました。


「美味しいお茶を飲んだときの気分を表す言葉って何がある?」


「いきなり、そう言われてもどんな言葉を言ってんの?」


「ン〜、ほんわりとかそんな感じかなぁ?」


「あ〜、解った、それやったらモッコリポックリやな!」



モッコリ?ポックリ?似てるけど違う感じがするで」




「アハハハ、ほっこりとかまったりって言いたいんやろ!」




「そうそう、それそれ、ほっこりまったりって言うねんな!」



モッコリとかポックリって言うたらあかんで!フフフ」



「あかんのやったら、最初から言うなっちゅうねん!」




みんな私がドジなのを知っているから、
けっこう、おちょくるんですよね(>_<)


■大阪弁解説  おちょくる → からかう


請按一下→人気榜
posted by 楊 琳 at 07:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月23日

過去のメルマガ

今日も朝から暑いですね(>_<)

今日は、また三田までお出かけしてきます!

土日は、ブログがお休みの日ですが、最近になってブログやメルマガを

読み始めて下さった方のために、メルマガのバックナンバーが全てじゃないけど

読めるページをお知らせしますね!

まぐまぐでは、最新号しか読めないようになっていますから・・・。


これはメルマから発行されるメルマガが勝手に転載されるブログですので、
メルマガのバックナンバーを見るのには便利です。
<と言うより、メルマガのバックナンバーだけしか載っていません>


【旨い中国茶&おもろい中国】 http://blog.melma.com/00140433/


それでは、もう一度、みなさん良い週末を(^-^)


請按一下→人気榜
posted by 楊 琳 at 08:41| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月22日

夏休みの息子

小学校も夏休みに入って、お子さんをお持ちの方は

どんな風に過ごされていますか?

プールに行きたいとか、家にいても暑い暑いと言うし、

うちは息子が夏休みに入ってから、生活リズムが狂わされている感じです(‘_’)

確かに暑いけど、クーラーをつけっぱなしじゃもったいないし、

私は朝晩に仕事を片付けて、できるだけ昼間はじっとしているようにしています。



請按一下→人気榜



夜になると、息子と毎日のように散歩に出かけるのですが、
夏の夜に散歩したくなるのは中国の習慣が抜けきらないのかも知れませんね(^_^;)


でも、日本ではいつも安く楽しめる屋台があるわけでもないし、
仕方なく近所の大きなショッピングセンターに行って、
ブラブラしていることが多いですね。


息子は、最近学校で流行っている将棋が強くなりたいらしく、
本屋で将棋の本を毎日のように立ち読みしています。
<私、将棋なんて全く解らないから教えてあげられないし(-_-;)
 麻雀だったらできるんだけどなぁ>




でも、立ち読みする息子を見ていて、グッドアイデアを思いつきました!
家から図書館が近いので、宿題をしたり将棋の本を読みに
昼間は息子を図書館に行かせる作戦です(^_^)

昨夜、息子に言ってみたら「うん、明日から行ってくる」って(^_-)
<これで私の仕事も邪魔されずに済む(^o^)>


図書館はクーラーもきいているし、タダだからいいですよね!
私も時々は一緒に行こうと思ってます(^-^)


来週の火曜日からは林間学校もあるから、しばらくは静かに過ごせそうだ!



請按一下→人気榜



一昨日ドクダミの事を書いたでしょ!
あのドクダミの煮汁は、他の使い道もあるんですよ。

私、最近は化粧水代わりに使っています。
煮汁を冷蔵庫で冷やしておいて、風呂上がりなんかにつけたら
顔や腕もひんやりしてメッチャ気持ちが良いんですよ!
しかも、しっとりする(^-^)

みなさんも良かったら、試してみて下さいね!




あと、最近発見した西瓜の皮の食べ方を最後に紹介しますね。

私は西瓜が大好きで、毎日のように食べるのですが、
いつもゴミ箱には西瓜の皮がいっぱいになって、
何か使えないかと思っていたんです。

皮の表面の固い部分を剥いて、塩をかけて一夜漬けにするのは、
よくどの家庭でもされていますよね!
<中国では見ないけど>


それも美味しいんだけど、どうももの足りない感じがして
あんまり好きじゃなかったんです。


それで、試しに同じように剥いた西瓜の皮に梅昆布茶の粉末をかけて
一晩おいて食べてみたんですよ。


これが、なかなか美味しくて、毎日朝からポリポリ食べています(^-^)


ホントに美味しいからお薦めですよ!


こんなに暑い時期こそ、毎日美味しい中国茶をたっぷり飲んで、
体調を崩さないように水分補給をして下さいね!



それでは、良い週末をお過ごし下さいね☆(^3^)☆



請按一下→人気榜
posted by 楊 琳 at 08:12| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月21日

お風呂とトイレ

色々なものについての中国人と日本人の意識(認識・見解)の違いは、

なかなか面白いようですね。

「面白いよう」なんて言うと他人事のようですが、

日本に長く住んでいる私でさえ、友達との会話の中で

最近になって気付かされることがよくあります。

そんな中でも、ちょっと面白い中国人と日本人の意識の違いについて、

今日は書いてみますね。



請按一下→人気榜


今日は午前中、子供のプール当番でメッチャ暑い中を
日傘をさして小学校のプールサイドに座っていました。


もう下のコンクリートは焼けたようになっているし、
日傘の下以外は日陰もないし、まるで拷問のようでした(>_<)
私も水着を着ていって、プールに入れば良かった!

どうせ全く泳げない私が見張りをしていても、
誰か助けたりもできないし・・・・(-_-;)
<小学校のプールは浅いから大丈夫か?>


でも、みんなが水着を着て入っている様子は、
中国の温泉と同じような感じがしました。


中国の温泉はみんなが水着を着て入るから、もちろん混浴です。
最近、日本の温泉に慣れて、温泉好きになってきた私には
水着を着ていると温泉という気がしないですね。




こんなことを言っている私ですが、最初の頃は日本で公衆浴場に
入るのはかなり抵抗があったんですよ!
年頃になって以来、家族にさえ自分の裸をみせることはないし、
恥ずかしいという気持ちがあります。
これは女の家族に対しても同じです。

だから、他人に裸を見られるなんて、すごく抵抗があったんです。
<人の裸を見てみたい興味はあるんですけどね(^_^;)>


まぁ、今は慣れて温泉大好きだから、それはいいんですが・・・。




先日、友達と話していて中国のトイレの話しになりました。
中国には扉のないトイレがあるとか、そんな話しです。



そう言えば、私のメルマガやブログを読んで下さっている
上海在住の方からもらったメールの中にもこんなことが書かれていました。

以下引用>

ちなみに中国の人は、トイレで用を足すことに
あまり羞恥心はないみたいですね。
ドアの鍵がかからなくても平気だし、
ドアを開けっ放しで入ってる人もいるし、
若い女の子二人が一緒に個室に入っていくのも
何回か見ました。
これはカルチャーショックでしたね〜、うん。


<yiyiさん、また勝手に使わせてもらいました、ごめんなさいm(_ _)m>


この文章はもちろん女性用のトイレでの話しで、
しかも最近の上海(都会)でのことですから、
確かに日本では考えられない事ですね。


「中国の人は、トイレで用を足すことにあまり羞恥心はない」
というのはある部分当たっているとは思います。

ただ、中国人の私に言わせれば、切羽詰まっている時であれば、
扉があろうとなかろうと、用を足すことが最優先で、
見られてもお尻だけじゃないって感じになるんですf^_^;

その点、日本人は素っ裸で共同浴場にでも入るわけだから、
その方が恥ずかしいでしょって!


そしたら、友達はすかさず突っ込んでくるんですよね。


「じゃぁ、琳ちゃんは、そのぉ〜出したものを他人に見られるのも
 恥ずかしくないわけ?」



「状況が状況なら仕方がないでしょ」


「えぇ〜・・・・・だ、だ、の方でも?」


この先の会話はご想像にお任せします。



請按一下→人気榜


なんか、この手の記事をブログやメルマガに書く度に、
私のイメージが崩れていくような気がする(;_;)

でも、これが私だし、
中国人と日本人で認識の違いがあるのは、しょうがないことですよね(^-^)
posted by 楊 琳 at 12:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 中国の習慣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月20日

花茶の楽しみ

今日は朝からとっても嬉しい知らせがあって、

みなさんにもお話ししたくなってしまいました(^_^)

このブログにコメントも下さるカナダ在住の方のご家族が、

近々そのカナダへ遊びに?行かれると言うことで、

お茶をそのご実家におくって欲しいというメールが届いたんです!

遠くにお住まいの読者がご家族と過ごされるときに、

私のお分けしている中国茶や花の香りに包まれて過ごして下さると

思っただけで、もう嬉しくて堪らなくなりました(^-^)

中国の実家から私の元へ届いたお茶が、

一旦、日本国内を移動してカナダへ旅立つと思うと、

ホントに嬉しくてワクワクします(*^_^*)





請按一下→人気榜




まず、このブログを初めて読まれていたり、
メルマガは購読されていない方にお断りだけさせて下さい。



私が自分が飲んで本当に美味しいと思う中国茶や、
それにブレンドする花をお分けしているのは、メルマガに記載している
中国茶頒布会に自ら登録された方に限定しています。

理由は、必要ないと思われる方に、押しつけがましく思われたくないのと、
私は中国茶ショップでもなく、全く個人的に日本では手に入りにくい
お茶やお花を読者の方の中でも、希望される方だけにお分けしたいからです。
無理に買っていただこうとか、私を信じていただけない方に
お願いしてお分けするつもりは全くありません。
<生意気な言い方ですみませんm(_ _)m>


香り高くて美味しい中国茶を読者の方が飲んで、
幸福な気持ちになってもらえたら、私はとっても嬉しいです。
そして、飲んだ感想なんかをメールで頂けたら、もっと嬉しいです(^_^;)


大変勝手なことばかり書きましたが、
ご理解のほど、よろしくお願いします。



請按一下→人気榜



ちょっと以前に書いた記事に重複しますが、
今日は花茶について書きますね!


【花茶の楽しみ】


このブログを始めた当初は、花茶に関することをよく書いていました。
<最近は日記とか、ちょっと脱線していますが(^_^;)>


そもそも、なぜ私が花茶に関してこだわりがあるかと言うと、
私の故郷桂林原産の金木犀の香りが大好きだからです。


中国でも北部地方では、緑茶や青茶に花の香り付けをした薫茶(香片)が
花茶の主流でした。一方、南部では茶葉に飲む直前に花をブレンドする飲み方が
中心だったと聞いています。
<今では、台湾も含めて北も南もなくなっていますが>


私がここで書いている花茶には、工芸茶は含みません。
見た目は綺麗かも知れないけど、美味しくないからです。


私は、上質の青茶に金木犀をブレンドして飲むことが多く、
ほぼ外出の時でもペットボトルで持ち歩いています。
朝は淹れたての熱いお茶、そして日中は冷めたものや
冷やしたものを飲んでいます。

黄金桂や桂花烏龍茶という名前でパッケージされているお茶は飲みません。
桂花の香りが抜けているし、茶葉自体美味しいものではないからです。


そして、先週末に実家から届いた小包には、
以前から私が頼んで探してもらっていた、ジャスミンの花が入っていました(^-^)
ジャスミン茶と言えば龍珠にしても、緑茶にジャスミンの花を
縒り混んだものが一般的ですが、
自分で青茶や緑茶にブレンドしてみたかったからです。


ジャスミンを自分でブレンドした花茶は初めての試みでしたが、
予想通り、ジャスミンの花(つぼみ)を自分で上質の凍頂烏龍茶や
高山茶にブレンドすると、
これまでに飲んだことのあるジャスミン茶とは比較にならないほど、
いい香りと味を楽しめました(^_^)v

香りの強さも自分の好みで加減できますからね!


中国茶は、自分でブレンドして楽しむという風にされた方が、
きっとみなさんも本当の意味で満足できると思いますよ。



請按一下→人気榜


【汗疹に速効のドクダミ】

実は昨日の日中、外出していたのですが、
メッチャ暑くて急に首の辺りに汗疹ができていました(;_;)


毎日、何度もシャワーを浴びているのに、汗疹が出来たなんて
子供の時以来でした。


それで、試しに実家のお父さんの皮膚病治療の入浴剤を作るために、
ドクダミを自分で採って、干してミキサーで粉砕したものを家に置いていました。
昨夜それを少しだけ煎じて、その煮汁をガーゼに染み込ませて
汗疹の部分に当てて寝ました。


すると、


今朝起きたら、すっかり汗疹が治っているんですよ(^o^)/
すごいでしょ!


もし赤ちゃんや小さいお子さんが汗疹で困っておられる方は、
沐浴の時などに、一度ドクダミの煮汁を使われたらいいんじゃないかと思って!


飲ませる訳じゃないから、副作用の心配もないでしょ!
ドクダミはけっこう、どこにでも生えていますから、
ぜひ試してみたらいいと思います。


私も、また今週末に採りに行って、
お父さんにたくさん持って帰ってあげるつもりです。


実は今日、私がお父さんに持って帰るドクダミを少し汗疹治療に使ったと言ったら、
三田の友達が、今日またドクダミを採りに行ってくれたそうです!

三時間も日向に干すとかなり乾燥しているらしく、
多分、二日も干せば充分に乾燥しそうだって(^-^)


この厳しい暑さも、少しは役に立ってくれるんですね(^_-)



ドクダミはね、製品化されたものも売っていますが、
やっぱり自分で採って、乾燥させた方が良いと思いますよ。

何が違うって、香りが全く違います。
自分で採ってきたものは本当に「薬草」って香りがしますから!


売っているヤツは、それに比べると何年も前に採っておいたもののような感じで、
香りが全く抜けたようです。


自分で採ったら、タダだしね(^_^;)


採るときは根っこごと採ってきて乾燥させて下さいね!



請按一下→人気榜
posted by 楊 琳 at 09:18| Comment(6) | TrackBack(0) | ブレンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月19日

オフ会、楽しかったで〜す!

梅雨も明けて、いよいよ暑さが一層厳しくなるんでしょうね。

みなさんも、毎日しっかり水分補給をして、体調には充分気を付けて下さいね!

私も、日本に来てかなり経つので、挨拶は天気の話しから始めたりしますが、

中国ではこんな挨拶はしないんですよ。

まぁ、文章の場合はどうか判らないけど、

夕方に知り合いに会ったりすると、「飯喰ったか?」が挨拶です。

良いものを食べているとかいう意味ではないけど、

中国では食事に対する意識が日本よりも高い気がします。
<みんな、ただの食いしん坊なだけかも知れませんが(^_^;)>


請按一下→人気榜



16日の土曜日は、先日書いていたように読者の方と、その息子さん、
そして私の友達、息子の5人で初めてのオフ会を楽しんできました(^-^)


とっても楽しかったですよ(^o^)
これも、ブログやメルマガを始めたからこんな経験もできるんですよね!


4時半に待ち合わせをして、
最初は公園に行って息子同士でキャッチボールをさせました。
小学校の男の子同士だから、同級生なんだけど
なかなか話しもしないんですよね(^^;)
無言でキャッチボールをしている風景というのも、
なかなか笑えますよ(^o^)


その間に、私たちは色んなお喋りをして過ごしました。


30分ほど息子達を遊ばせてから、
予約してあった私のお薦め中華料理店に歩いて移動しました。




「あー、いらっしゃい」
マスターは下手な日本語と笑顔で迎えてくれました。


席について、私の友達は生ビール、他のみんなはお茶でいいと言って、
メニューを眺めながら、何を食べるか相談しました。



お茶は、私がかなり以前に紹介したレモンフレーバーの烏龍茶です。
読者の方も美味しいと言って飲んでくれたので嬉しかったです(^_^)


酸っぱい訳ではなくて、微かにレモンが薫るんですよね。
多分、そんなに上等な茶葉は使っていないんですが、
よく冷やして飲むと、夏にはピッタリです。


オーダーは私に任せてもらったような形になったので、
私がお気に入りの料理を注文していきました。


この時に、小学5年の息子達はさすがに子供なので、
入っていきなりラーメン、焼きめしなどと言っていたのですが、
せっかく美味しいお店に来ているので、
それは少し後回しにさせました。
<最初にそれを頼んだら、もっと安上がりなんだけどね(^_^;)>


この日オーダーした料理を書き並べてみますね。

■ トマトと卵のうま煮「以前に紹介しましたね」
■ チンゲンサイと湯葉の炒め物
■ 麻婆豆腐
■ 鶏の唐揚げ
■ 油淋茄子(揚げ茄子の香味ソース)「以前に紹介しましたね」
■ 炒飯
■ ワンタン麺
■ 椰子のミルク菓子×2

○ 生ビール×2
○ 紹興酒グラス×2


これだけをみんなで分けて食べたら、お腹いっぱいになりますよ(^-^)

この店には100種類ほどのメニューがあるので、
もっと食べたい料理があったんですけど、
これでみんな満腹になったみたいです。
このお店は二人くらいで行くと、三種類ほどの料理で満腹になってしまうので
人数が多い方が色々食べられて、楽しいです。


読者の方と息子さんも、味は気に入ってくれたと思います。



さて、美味しい中華料理と最後のデザート(点心)で5人が満腹になって
少しお酒も飲んだ値段はいくらだと思いますか?



9700円でした!


安いと思いませんか?
一人2000円もしないで、本格中華が食べられたら文句ないと思いますよ!


また、今回のようなオフ会ができたらなぁって思っています。
もっと、たくさんの人数で行けたらいいけど、
大阪の天満だから、せいぜい近畿圏の方しか無理でしょうね(‘_’)


でも、他の地域の方も週末に大阪へ来られることがあったら、
一緒に行けるかも知れませんね!


そんな日が来たら、とっても嬉しいです(^-^)


請按一下→人気榜


【中国茶頒布会のみなさまへ】

昨夜、会員様向けのメールを初めて送ったのですが、
メーラーで宛先にBccというのを初めて使ったもので、
ちゃんと届いているのかとっても不安です。


昨夜、私は中国茶頒布会会員というグループ登録したものを
Bccに入れて、Toは空白にしようとしていました。


Bccだけに宛先を入力するのは無理で、
アドレスの中の一つは必ずToと言うところに
入力しないといけないんでしょうか?


もし、親切な方がいらっしゃったら、
Bccの使い方をぜひ教えて頂けないでしょうか?
お願いしますm(_ _)m


ホントに無知で申し訳ありません(-_-;)


あと、会員の方で、メールがちゃんと届いている方がいらっしゃったら
教えていただけると嬉しいですm(_ _)m


請按一下→人気榜
posted by 楊 琳 at 09:14| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月15日

始めてのオフ会

別に決めている訳でもないのですが、

ブログの記事を書き終わると毎日同じような時間になっていますね(^^;)

今日は、友達の家で夕食にお呼ばれしています(^_^)

息子と二人で、ご馳走になってくるつもりです。

夕食を作らなくても済むから嬉しい〜。


人気榜→請按一下



実は明日も、このブログの読者の方と夕食に行くんですよ(^-^)

私がお薦めの大阪にある中華料理店で一緒に食事をします。

こんなのをオフ会って言うんでしょ!

始めてのオフ会だから、とっても楽しみにしています。


一緒に行く方にも、私と同じ小学5年生の息子さんがいらっしゃって、
食事の前に、息子達に公園でキャッチボールをさせて、その後で食事です。


男の子同士だから、あんまり話しも弾まないかも知れないので、
ちょっと気分をほぐす意味で、その方が提案して下さいました。


私のブログは一日のアクセスもそんなに多くないと思うし、
メルマガだって100人ほどの読者さんしかいないけど、
こうやって今まで知らなかった方とお食事が出来たり、
いっぱいメールでやりとりをしたり、
いつも書きますが、ホントにブログやメルマガをやって良かったと思っています。


今までの生活に、たくさんの幸福が流れ込んできてくれた気がしています(*^_^*)


昨日はね、中国語のお勉強メルマガを発行しておられるshantianさんから
コメントを頂いて、わたしもshantianさんのブログにお邪魔したんですが、
とっても中国に詳しい方です。


もし良かったら、みなさんも見に行ってみて下さいね。


ブログ  開開心心

メルマガ 聞いて話せる中国語



中国語を勉強したいと思っている方なら、
このメルマガは良いと思いますよ!
それに、ちょっとした中国ネタも書いてあるから面白いと思います。


私も、自分のブログやメルマガのネタになりそうなのは、
パクろうと思って購読の登録をしちゃった(^_^;)
<怒られるかな?>



このメルマガ、3600人も読者がいるんですよ。すごいでしょ!
まぐまぐで殿堂入りしているそうです。
私が3600人目でーす(^_^)v



私、知り合いや友達が増えると、とっても嬉しいから、
メールも嬉しいし、コメントも嬉しい(^-^)


そして、いつかみなさんとお会いできるような事があったら一番嬉しいです!


それでは、みなさんもいい週末をお過ごし下さい。



明日のメルマガは、ちょっと女性にとって興味深い内容かも(^_-)


人気榜→請按一下


あっ、忘れてた!



   【中国茶の頒布会のみなさまへ】

多分、今日ジャスミンや新しいお茶の小包が届くと思いますので、

中身を確認後、この週末か、月曜日にはメールを配信しますので、

楽しみにお待ち下さいね。
posted by 楊 琳 at 09:51| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月14日

里帰りの憂鬱

8月の上旬から二週間、三年ぶりに桂林に帰ります。

そのこと自体は、とっても楽しみなんですが、

気が重いのが、友達へのお土産なんです。

実際はお土産というよりもお金を出すから買ってきて欲しいというヤツ。

このブログやメルマガの事は、口やかましい近所の友達には

内緒にしているので、今日はここでボヤこうと思って。




人気榜→請按一下




まず、みんなが真っ先に買ってきてって言うのは、やっぱりお茶と金木犀。
最近、みなさんに分けているお茶は実家から小包みで送ってもらっていますが、
友達にはそのことも最近では内緒にしています。
言ったら、私たちに分けてって言われるに決まっているし、
そんなことをしたら、読者のみなさんに分ける分がなくなりますからね。


それに、直接の友達だけならまだ良いんですが、
この大阪のおばちゃんたちは(私もだけど)、
自分の友達にも勝手に
「中国人の友達が里帰りするから、
 あんたも色々こぉーてきてもらえるように頼んどきぃ〜」

                                 ですからね。

「お茶も美味しいし、金木犀の花あるやろ、あれをお茶に混ぜて飲んだら
 メッチャええ匂いがすんねんで!他にもな、水牛の角で作った櫛、
 これ私も使ぉーてんねんけど、ええからこれも頼んどきや!」

                                   やて(-_-;)

誰が中国製品を売り込んでくれって頼んでん!
それに、近所の友達はお茶の味も実際にはあんまり解ってないし。
だから、あんまり上等なお茶を買って来てあげても、
『猫にご飯』



「あ、思い出した、私F4のDVDこぉーて来て欲しいねん!
 向こうやったら、かなり安いやろ!」


「え、F4ってあのアイドルグループの?」

「そうそう、私メッチャ好きやねん」


やっぱ好きやねんやったら聞いたことあるけど、メッチャ好きやねんか…(@_@)
あんた、私より7つ上やったっけ?アイドル?しかも台湾の?
まぁ、好きなもんに歳は関係ないけど。

でも、口に出しては言えないから、解ったと言うしかない私(-_-;)


「あ、そやそや、あの中国製のシワとりクリームも頼むわ!」

止めとけっちゅうねん、あんなもん効くわけないのに!


「それとなぁ、翡翠をこぉーて来て欲しいねん!
 前に琳ちゃんに5万円でこぉーて来てもうたやつ、
 あれオーダーで指輪にしてもろぉーてんけど、
 そこの人が、これ日本でこぉーたら20万円はするって言うててんで!」



そりゃ、向こうの翡翠は質が良くて安いし、
私は偽物を掴まされるようなことはせえへんけど、
どこまで言うたら気が済むねん(-_-;)


か弱い?私が大きなスーツケースを提げてるだけでも大変やのに、
そんなにたくさん、どおせぇっちゅうねん(>_<)



私はディスカウントショップの仕入れ担当か!ほんまにぃ〜!



そやから、黙って里帰りしようかとも思ったけど、
言わんかったら、言わんかったで帰ってきてからが怖いし(-_-;)


【大阪弁解説】こぉーて、こぉーた → 買って、買った
       
         他にも読みづらい部分が他地域の方には多々あると思いますが、
         できるだけありのままを再現しましたのでご了承下さい。




とっても楽しみな里帰りですが、
こんな憂鬱を抱えているのでした(^_^;)

人気榜→請按一下



『猫にご飯』はわざと書いたジョークですからね!
『猫に小判』ぐらい私もちゃんと知っていますから(^_-)

posted by 楊 琳 at 09:56| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月13日

子供らしい子供

夜中から今朝にかけてはとっても涼しいですね。

毎日、朝夕だけでもこんなだったら嬉しいですね(^_^)


人気榜→請按一下



先週の土曜日に三田の友達のところへ行って、
昼間は近くの小学校で息子とボール遊びをしていたのですが、
その時に出会った子供達は、大阪で私が普段接することのある
息子の友達などと明らかに違うんですね。


それをホントに強く感じたから、
今日はちょっと私にしては変わった話題で書いてみます。


その三田の小学校では少年野球の子供達が毎週土日には
朝から晩まで練習をしています。



息子は地域のソフトボールチームに入っているんですが、
週に一回の練習で、しかも2時間ほどだから
この少年野球の子供達とは比較になりません。


野球が全く解らない私にも、技術的な差もハッキリと判ります。



それを息子と眺めていると、一番近くを守っている三年生くらいの子が
何度も振り返っては、息子に手招きするんですね。

声は掛けませんが、「おいでよ、一緒にやろう」と言っているようなのです。




回りに無関心な子が多い中で、その子は何度も何度も振り返っては
手招きを繰り返してくれました。



最初はモジモジしていた息子でしたが、その子に近づいていくと
「グローブは?」って聞くのです。


友達の家にグローブを置いてあったので、息子は急いで取りに走って、
その後、練習に入れてもらって1時間ほどでしたが
息子はとっても嬉しかったみたいです。



うちの息子が逆の立場なら、まず知らない子に声は掛けなかったと思います。
掛けなかったと言うより、掛ける勇気がない(-_-;)
<優しい子なんだけど、ちょっと内向的なんです>



あのオープンな性格と言うのかなぁ?素晴らしいと思いました。
まだ小さいのにあの子はきっとうちの息子も一緒に野球をしたいだろうと思って
気遣いをしてくれたんでしょうね。



うちの息子も、あんな子になって欲しいです。
いや、頑張ってあんな子にしてみせるぞ!


私、普段はあんまり息子の事をブログにも書かないから、
子供に無関心な親だと思われてたんじゃないかなぁ?(*_*)


そんなことはないんですよ!
いつも食事をしながら色々話しをしているし、
休みの日は友達のところに行って、
三人でボール遊びをしたり、山歩きをしたり、
いつも息子と一緒です(^-^)









それと同じ日に、もう一人の男の子と出会いました。
少年野球に入れてもらった後、
小学校の裏にある幼稚園で友達と息子と三人でボール遊びをしていたら、
ボールが柵を越えて、2メートルほど低い小学校の校舎裏に入ってしまったんです。


ちょうどその時、その辺に居た男の子(五年生くらい?)が、
「とってきてあげるわ!」と言って、
素早い身のこなしでボールを拾って来てくれました。

私は嬉しくて、「ありがとう、ここで何をしてんの?」と聞いてみました。


すると、「僕はもともとここの小学校やってんけど、
     転校して○○小学校にかわってん。この近くにスモモの木があるから
     自転車でスモモを採りに来てん」と、元気に話してくれました。



この時にも、すごいと思いました。
ボールを拾って来てくれて、聞かれたことにハキハキ答える
子供らしい子供だと思いました。




考えてみれば小学生の息子が居るのに、
こんな子に出会ったのが久しぶりと言うか、
中国を出てからはないような気がしたんです。


そして、この後もっと驚かされたんですよ!



その子がスモモの木があるって言ったときに、
私は自分も採りに行きたいという感じで、
「どこどこ?」ってその子に聞いてしまったんですが、
ボール遊びを止めて帰ろうとしていると、
その子が私に向かって走ってくるんですね!

「おばちゃん、これあげる」って言う男の子の手のひらにはスモモが一個。

「いいの?これ、おばちゃんにくれて、ボクの食べる分は?」って聞いたら、
「二個しかなかったから、一個は僕が食べた、そやから一個あげる」って。


なんか、こんな子供と接していると、嬉しくて涙が出そうになりました。
<いくら私でも、スモモをもらえたのが嬉しかったんじゃないですよ!>



男の子はスモモを私に渡すと、走って戻っていきました。

「ありがとう、またねぇ〜」って私は叫んでいました。


スモモは酸っぱかったけど、とっても美味しかった(^-^)


また、あの子に会いたいです。



なんか、今日は自分の出会った子供達のことを書いているだけなのに、
感動の物語みたいだ〜(^o^)
<そんなことない?(^_^;)>

人気榜→請按一下
posted by 楊 琳 at 09:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。