2005年07月20日

花茶の楽しみ

今日は朝からとっても嬉しい知らせがあって、

みなさんにもお話ししたくなってしまいました(^_^)

このブログにコメントも下さるカナダ在住の方のご家族が、

近々そのカナダへ遊びに?行かれると言うことで、

お茶をそのご実家におくって欲しいというメールが届いたんです!

遠くにお住まいの読者がご家族と過ごされるときに、

私のお分けしている中国茶や花の香りに包まれて過ごして下さると

思っただけで、もう嬉しくて堪らなくなりました(^-^)

中国の実家から私の元へ届いたお茶が、

一旦、日本国内を移動してカナダへ旅立つと思うと、

ホントに嬉しくてワクワクします(*^_^*)





請按一下→人気榜




まず、このブログを初めて読まれていたり、
メルマガは購読されていない方にお断りだけさせて下さい。



私が自分が飲んで本当に美味しいと思う中国茶や、
それにブレンドする花をお分けしているのは、メルマガに記載している
中国茶頒布会に自ら登録された方に限定しています。

理由は、必要ないと思われる方に、押しつけがましく思われたくないのと、
私は中国茶ショップでもなく、全く個人的に日本では手に入りにくい
お茶やお花を読者の方の中でも、希望される方だけにお分けしたいからです。
無理に買っていただこうとか、私を信じていただけない方に
お願いしてお分けするつもりは全くありません。
<生意気な言い方ですみませんm(_ _)m>


香り高くて美味しい中国茶を読者の方が飲んで、
幸福な気持ちになってもらえたら、私はとっても嬉しいです。
そして、飲んだ感想なんかをメールで頂けたら、もっと嬉しいです(^_^;)


大変勝手なことばかり書きましたが、
ご理解のほど、よろしくお願いします。



請按一下→人気榜



ちょっと以前に書いた記事に重複しますが、
今日は花茶について書きますね!


【花茶の楽しみ】


このブログを始めた当初は、花茶に関することをよく書いていました。
<最近は日記とか、ちょっと脱線していますが(^_^;)>


そもそも、なぜ私が花茶に関してこだわりがあるかと言うと、
私の故郷桂林原産の金木犀の香りが大好きだからです。


中国でも北部地方では、緑茶や青茶に花の香り付けをした薫茶(香片)が
花茶の主流でした。一方、南部では茶葉に飲む直前に花をブレンドする飲み方が
中心だったと聞いています。
<今では、台湾も含めて北も南もなくなっていますが>


私がここで書いている花茶には、工芸茶は含みません。
見た目は綺麗かも知れないけど、美味しくないからです。


私は、上質の青茶に金木犀をブレンドして飲むことが多く、
ほぼ外出の時でもペットボトルで持ち歩いています。
朝は淹れたての熱いお茶、そして日中は冷めたものや
冷やしたものを飲んでいます。

黄金桂や桂花烏龍茶という名前でパッケージされているお茶は飲みません。
桂花の香りが抜けているし、茶葉自体美味しいものではないからです。


そして、先週末に実家から届いた小包には、
以前から私が頼んで探してもらっていた、ジャスミンの花が入っていました(^-^)
ジャスミン茶と言えば龍珠にしても、緑茶にジャスミンの花を
縒り混んだものが一般的ですが、
自分で青茶や緑茶にブレンドしてみたかったからです。


ジャスミンを自分でブレンドした花茶は初めての試みでしたが、
予想通り、ジャスミンの花(つぼみ)を自分で上質の凍頂烏龍茶や
高山茶にブレンドすると、
これまでに飲んだことのあるジャスミン茶とは比較にならないほど、
いい香りと味を楽しめました(^_^)v

香りの強さも自分の好みで加減できますからね!


中国茶は、自分でブレンドして楽しむという風にされた方が、
きっとみなさんも本当の意味で満足できると思いますよ。



請按一下→人気榜


【汗疹に速効のドクダミ】

実は昨日の日中、外出していたのですが、
メッチャ暑くて急に首の辺りに汗疹ができていました(;_;)


毎日、何度もシャワーを浴びているのに、汗疹が出来たなんて
子供の時以来でした。


それで、試しに実家のお父さんの皮膚病治療の入浴剤を作るために、
ドクダミを自分で採って、干してミキサーで粉砕したものを家に置いていました。
昨夜それを少しだけ煎じて、その煮汁をガーゼに染み込ませて
汗疹の部分に当てて寝ました。


すると、


今朝起きたら、すっかり汗疹が治っているんですよ(^o^)/
すごいでしょ!


もし赤ちゃんや小さいお子さんが汗疹で困っておられる方は、
沐浴の時などに、一度ドクダミの煮汁を使われたらいいんじゃないかと思って!


飲ませる訳じゃないから、副作用の心配もないでしょ!
ドクダミはけっこう、どこにでも生えていますから、
ぜひ試してみたらいいと思います。


私も、また今週末に採りに行って、
お父さんにたくさん持って帰ってあげるつもりです。


実は今日、私がお父さんに持って帰るドクダミを少し汗疹治療に使ったと言ったら、
三田の友達が、今日またドクダミを採りに行ってくれたそうです!

三時間も日向に干すとかなり乾燥しているらしく、
多分、二日も干せば充分に乾燥しそうだって(^-^)


この厳しい暑さも、少しは役に立ってくれるんですね(^_-)



ドクダミはね、製品化されたものも売っていますが、
やっぱり自分で採って、乾燥させた方が良いと思いますよ。

何が違うって、香りが全く違います。
自分で採ってきたものは本当に「薬草」って香りがしますから!


売っているヤツは、それに比べると何年も前に採っておいたもののような感じで、
香りが全く抜けたようです。


自分で採ったら、タダだしね(^_^;)


採るときは根っこごと採ってきて乾燥させて下さいね!



請按一下→人気榜
posted by 楊 琳 at 09:18| Comment(6) | TrackBack(0) | ブレンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月14日

お茶や花の楽しみ方

お茶色々.jpg今年の梅雨は雨が降らないですね。

雨の日は嫌いだけど、やっぱり降るべき時に降らないと、

色々困る問題も起きてきますからね。

毎日、携帯でお茶を撮影していると面白くなってきて、
今日も撮ってしまいました!
でも、やっぱりイマイチですね(^_^;)

撮影の場所は息子の勉強机、
蛍光灯もスポットライトもあるから明るさは良いんですけど、
腕が悪いから・・・。


撮影するために並べたのはいいけど、あとが困りました。
だから、今日は、ここからバラとジャスミン龍珠茶だけを除いて、
ごちゃ混ぜの中国茶を淹れることにします(^_^)

まぁ、モクセイの花と烏龍茶二種類に緑茶が二種類、
そして私があんまり好きじゃない白茶が一種類だから、
そんなに変わった味にはならないと思います(^_^;)

でもちょっとモクセイが普段より多すぎますね。


-------------------------------------------------------

最近、また私の好奇心に火がついて、お茶や花を使って
色んな事をやり始めたんですが、昨夜はお酒にチャレンジしたんですよ!

モクセイフレーバーの酎ハイ(^_^)v

氷と水と砂糖と炭酸水とモクセイの花とレモン果汁があれば簡単にできますよ。


これは、かなりいけますね!
ちょっと飲み過ぎた程でした(*^_^*)

桂花陳酒よりも断然旨いと言えますね!

夕食に息子の大好物の焼きそばを作って、
それを食べながら晩酌(オッサンみたい?)したけど、
ホントにいい感じでした。

でも、寝る前に音楽でも聴きながら飲む方が、
気分もリラックスできていいかも・・・。

人参烏龍茶で焼酎を割っても美味しいけど、
これは酒飲みの人にウケがいいみたいです。
自然な甘みと香りが良いらしくて、
友達は旦那さんの晩酌用と、普段に飲むために人参烏龍茶を
分けて欲しいと言います。

私は、ちょっと嗜む程度ですから、甘い方が好きです。


1kgもあったモクセイの花も半分くらいは友達に分けて減ってきたから、
今度はジャスミンの花も姉に送ってもらおうと思っています。
花だけが売っているかどうかは、まだ判らないけど、
これももしあれば、色んな楽しみ方を実験してみるつもりです。

ジャスミン茶にしても、花と緑茶を別々に買ってブレンドした方が
絶対に美味しいはずですからね!

でも私はモクセイの香りの方が好きですけど。


明日は前髪をカットしに行きます。
三週間ほど前に、思い切って長い間セミロングだった髪をショートにしたら、
友達から可愛いとか、メッチャ若く見えると言われて調子に乗っています(^o^)


それと、読者のみなさんがこの下の人気ブログランキングって言うのを
クリックして下さっているみたいで、
先週までドリンク部門で150位くらいだったのが、
79位まで上がっていました。
ありがとうございますm(_ _)m

これで、アクセスが増えてたくさんの方に読んでいただけたら
とっても嬉しいです(^-^)

人気blogランキング
posted by 楊 琳 at 09:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ブレンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月06日

花茶

今回のプレゼントがモクセイの花だと言うことは、もう触れましたが

私にとっての中国茶のブレンドというのは、要するに花茶な訳です。

一番手っ取り早いのは、烏龍茶葉に乾燥した花を入れて熱湯を注ぐ。

とっても簡単でしょ!



私が烏龍茶葉にモクセイの花をブレンドしたお茶をいつもペットボトルに入れて

持ち歩いているのを知っている友達は、いつも飲ませて欲しいって言うんですよ!

自分もペットボトルにお茶を入れてもっているくせにね(^_^;)

「琳ちゃんはいつも自分だけ美味しいお茶を持ってるし、茶葉や花も
 ようけ(たくさんの大阪弁)もってるんやから、ええやん」って・・・。



友達にも安くお茶もモクセイの花も分けてあげてるのに、なぜか
私の持っている物が飲みたいみたいです。
こまめにお茶を入れて毎日飲んだら痩せるかも知れないのにね!
でも悪い気はしないですね!


私が花茶として試した花は、モクセイ、バラですが、

今、ジャスミンの花だけを送ってもらえないかと思って

実家の姉に探してくれるように頼んでいます。

きっとジャスミンも花と緑茶を別々に買って自分でブレンドしたら
市販されているものよりも、かなり美味しいはずです(^_^)


桂林に売っているかどうかはちょっと判らないんですが、
ジャスミンの産地は福建省、台湾、広東省で年に3〜5回も
花を摘める時期があるらしいですよ!
雨期、真夏、秋が主なシーズンで真夏のものが一番香りが良いと
聞いたことがあります。

モクセイの花はその点、
10月(中国では旧暦なので8月という事になります)にしか採れないし
何と言っても桂林ほどモクセイの多い町はないから、桂林特産です。


香りの好き嫌いと言うか、ランキングを私が勝手につけるとしたら
ダントツでモクセイの香りが、安らぐし最高ですね。私は!

ジャスミンがシャープだとしたら、モクセイは甘くてナローな香りとでも
言うんですか?バラも悪くないけど、やっぱりモクセイが良いですね!




ところで、ちょっと気になったTVコマーシャルがあったので、

もし読者の方で教えていただける方がいらっしゃったら嬉しいのです。

最近の伊藤園の「お〜ぃ、お茶」とか言う商品のコマーシャルで

「香り豊かな国産茶葉・・・・・」という文字が画面に出て、

ナレーションが「かおりゆたかなこくさんちゃよう・・・」と言うのですが、

この茶葉とかいて「ちゃよう」と読むのですか?

私はずっと「ちゃば」だと思っていました。

中国語は一つの字に基本的には一つの発音しかないのでいいのですが、
日本語は音読みや訓読みとか言ってややこしいし、やっと覚えた言葉が
違うなんて言われたら、戸惑ってしまいます(-_-;)

読者の方で、この件をコメントででも教えて下さる方が居たら嬉しいですm(_ _)m


現在のプレゼント応募者数は・・・締め切り前日まで内緒(^_-)


人気blogランキング


posted by 楊 琳 at 09:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ブレンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月24日

中国でのお茶のブレンド

昨日からやっとテキスト形式のメールマガジンが発行できたと思ったら、

30人ほどいた読者が、7人に減ってしまいました(;_;)

私がHTML形式などという、自分がわかりもしない形式でメールマガジンを

発行したのが原因だから自業自得ですね('_')

でも、今のところ以前に約束した香りの元プレゼントは

この分で行けば希望者全員にお届けできますね!

喜んで良いのか、悲しんで良いのか・・・(?_?)

でも、メルマガ購読者に限定したプレゼントだから、そろそろ期限を決めないと

いけませんね。メルマガ登録締め切りと、プレゼント応募をそれぞれに。

今夜、中国の姉に電話をするつもりだから、小包の段取りも勘案して

来週の月曜日くらいには、キチンと発表しますね!




<今日は中国でのお茶のブレンドについて、ちょっと書こうと思います。>

私の場合は烏龍茶と緑茶に香りの元だけをブレンドするのが

基本的なお茶の楽しみ方ですが、中国では様々な楽しみ方が存在します。

烏龍茶や菊茶と干し梅やイチジクのドライフルーツ、陳皮(ミカンの皮の砂糖漬け)を

合わせて楽しんだりするのがそれにあたります。

ただ、誰もがやっている訳ではなく、どちらかと言えば少数派というか、

年輩の方がこのような飲み方をします。

干し梅(カラカラに干した梅)は私も大好きで、中国人女性はおやつに

よくこれを袋ごと抱え込むように食べていることも珍しくありません。



人気blogランキング
posted by 楊 琳 at 12:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ブレンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。