2005年08月23日

猫にご飯の碧螺春茶

今回の里帰りでは桂林近郊の山に一泊二日で家族旅行に行きました。

そこは川もあり水も綺麗でとっても静かなところでした。

桂林も町中は自転車が減って、車が増えた印象が強く、

今まで渋滞なんか見たこともなかったのに、夕方は

毎日のように渋滞していたから、

空気も汚れて行くようで嫌でした(-_-)



請按一下→人気榜


茶畑.jpg
写真はその旅行の途中で訪れた茶畑です。
この茶畑は江蘇省でお茶を作っていた方が、
気候の違う地域で実験的に新しいお茶を
栽培するためにやっておられました。


碧螺春茶はここの方に売ってもらった品です。
碧螺春茶は中国三大緑茶の一つですが、
500gつくるのに何万枚もの若葉が使われるそうです。



茶葉は若ければ若いほど白豪が多く味が上等になるそうですが、
確かに緑茶に詳しいお父さんが太鼓判を捺してくれた碧螺春茶だから
白豪がいっぱいあります(^_^)


ネットで見たら25g2500円で売ってた(@_@)
でも、私に極上の緑茶を飲ませても、
猫にご飯だからもったいないですね(^_^;)
<このギャグ二度目だ(*_*)>



今回の里帰りではデジカメで写真もたくさん撮ってきたんだけど、
腕が悪いもんで手ブレやピンぼけ、暗いとかかなりひどい状態です(;_;)

そんな中から、補正すれば使えそうなものを
少しずつ準備していますので、
またこのブログに掲載していきますね!


茶葉の写真も写そうかと思ったんですが、
どうせ私の腕なら、どれも同じに見えそうで・・・・(^_^;)
<人参烏龍茶と極品安渓鉄観音くらいは判るかな?>


でも、たくさんの大好きなお茶が家にあると
思わずニヤけてしまいますね(*^_^*)
毎朝、今日はどれにしようかなぁ〜って考えるだけでも
嬉しくなってしまいます(^_^)


お茶も茶葉や花とのブレンドで、
乳香、ジャスミン、金木犀、薔薇、蘭?など
色んな香りで楽しめますからね(^-^)


それとね、私は今まで青茶葉に茎がたくさん入ったものは
余り良くないものだと勝手に思っていたけど、
今回の極品安渓鉄観音を飲んで、
その考えは間違いだと解りました。



結構、このお茶は大きな茎が入っているんだけど、
味も最高だし、蘭?の香りが堪らなく良いですね!
<私は蘭の香りと言われても、蘭の花の匂いをよく知らない(^_^;)>


ぎっくり腰もかなり治ってきたみたいです。
ご心配いただいたみなさん、本当にありがとうございましたm(_ _)m
もうしばらくは無理をしませんので、ご安心下さいね!



請按一下→人気榜
posted by 楊 琳 at 12:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 緑茶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。