2005年09月19日

月餅について

今日はお月見に食べる月餅について、ちょっとだけ書きますね!



メルマガにも書いたけど、中国語を勉強していたり、
中国に興味や好感を持ってくれている方は、
この中秋節に月餅を食べておられたようですね(^-^)


もちろん、私も食べましたよ!


月餅はその昔、胡桃の形で、「胡餅」と呼ばれていました。
もう今から1200年以上も前のことです。


その後、「胡餅」は「月餅」と呼ばれるようになりました。



「胡餅」という名前が可愛くないので、
楊貴妃が「月餅」という名前を付けたという伝説もあります。



「月餅」には基本的に咸味(からいもの)と甜味(甘いもの)があって、
どちらも油をたくさん使っているから、カロリーの高いおやつです。



だから中国では昔のように、十五夜にたくさん食べることを勧めなくなりました。
出来るだけ薄く切って、熱いお茶と一緒に食べることを勧めています。



そして、中国では十五夜よりも十六夜の方が、
月は明るくて綺麗だとも言われています。
だから十六夜にお月見をする習慣がある地方もあります。



今夜の月を出来れば見上げてみて下さいね!
雲がなければとっても綺麗ですから(^-^)




請按一下→人気榜



【種明かし】

今日の月餅の話しは、昨日届いた中文の新聞に載っていた記事で
私も知ったばかりの話しです(^_^;)

でも、興味のある方には役に立つでしょ(^_-)
posted by 楊 琳 at 20:11| Comment(6) | TrackBack(0) | 中国の習慣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>>中国では昔のように、十五夜にたくさん食べることを勧めなくなりました。
出来るだけ薄く切って、熱いお茶と一緒に食べることを勧めています。

知らなかった〜。日本の羊羹みたいに、薄く切るのかなぁ。でも、月餅って、長方形じゃないから、カマンベールチーズみたいに、スライスするの?(周りと中身が、皆に、均等にいきわたるように。)お月見用の月餅なんて、あるのかなぁ。
お月見用の、お茶もあるのかなぁ。

中国では、十五夜の時に、月餅をいただくということしか知らなくて、まったく分からない世界です。
Posted by watanabe at 2005年09月19日 21:59
私も月餅食べました。日本のお団子も食べたので、太ったかも・・(~_~;)
でも、その月餅というのは、日本でいつも売っている物だったので、本格的な月餅はまだ食べてないんです。
うーん、今日あたりどこかで買おうかな、と思ってます。
今日の月は、日本で言うと、居待月(いまちづき)になるのかしら?
Posted by ぺりお at 2005年09月20日 13:58
月餅、和菓子みたいにあっさりしてない訳は
油ですかぁ?(汗。
やっぱりお昼間食べた方がよさそうですね。
中華菓子では胡麻団子が好きです。
↑これも揚げてあるけど・・・(^ー^;A
Posted by ポミエール at 2005年09月20日 22:05
♪watanabeさんへ♪

特別にお月見用の月餅というのは、
中国にもないですよ!

お茶は地方によって、普段から飲まれるお茶が違うけど、
絶対数では緑茶が多いと思います!

月餅のスライスは特に決まった形はないので、
スライスと言うより好きなように切って
食べたらいいと思いますよ。
Posted by ♪watanabeさんへ♪ at 2005年09月21日 20:55
♪ぺりおさんへ♪

店にもよるとは思いますが、
中国の月餅も日本で売られている月餅も
大差はないと思いますよ!
ただ、味の種類は中国の方が多いみたいですね!

居待月?ごめんなさい。
私は知らない言葉です。

とにかく少し食べたからって、
すぐに肥るような事はないと思いますよ!
Posted by ♪ぺりおさんへ♪ at 2005年09月21日 20:59
♪ポミエールさんへ♪

確かに月餅は普段食べるなら、
昼間に食べた方が良いかも知れませんね!

中国のお菓子では胡麻団子も美味しいですね(^_^)

今度、もしまた双龍居に行かれることがあったら、
胡麻団子や椰子のミルク菓子も食べてみて下さいね!

メッチャ美味しいですよ(^_-)
Posted by ♪ポミエールさんへ♪ at 2005年09月21日 21:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。