2005年07月03日

雨の日曜、暇つぶし

今日は一日中、雨になるみたいですね雨

雨の日は退屈だし、みなさんも退屈していると勝手に決めつけて、

日曜日だけど記事を書こうかなと思って…。


退屈している方の暇つぶしになれば嬉しいです(^_-)
<私にとっても暇つぶしだけど(^_^;)>




人気blogランキングはみなさんのお陰で、4位右斜め上まで上がっていましたm(_ _)m

ここまで来るとベスト3ぴかぴか(新しい)も手が届きそうです。

あのランキングって、みなさんのクリックという鞭で

このブログという馬が前を走っている他の馬を追い上げているみたいですね!





私もその鞭に励まされて、面白い記事を書こうと頑張っちゃいますから。

今日、ご訪問いただいたみなさんにベスト3を追い上げる
鞭をピシッとお願いします(^_^)

<鞭って…私、変な趣味はありませんから(^o^)>



昨日も友達の家に遊びに行ってたんですが、
雨で山桃やスモモを採りに行くのは諦めました(;_;)



ご希望のみなさんに送る木犀やお茶を
友達に手伝ってもらいながら計って袋に詰めていると、
ついあれもこれもと、オマケを一緒に送りたくなりますね(^_^;)
みんな私のメルマガやブログの大切な読者の方々ですからね!


まぁ、オマケと言っても薔薇とジャスミン龍珠茶しか
今は手元にないんだけど。


その後は、友達の車に乗せてもらって温泉いい気分(温泉)に行ったり、
ジャスコで浴衣を見たりしていました。
私、運転免許は原動機なし自転車しか持っていませんから(^_^;)




今年は浴衣を買おうかなぁと思って…。
浴衣を着て花火を見に行きたいです(^-^)
一応、私も浴衣くらいなら帯も自分で結べるんですよ!
<下手くそですけど>



ピシッっと鞭を入れたら、駄馬も走る〜(^o^)





今日は、中国の男女同権というか、女性上位に関するお話しです。


以前は中国でも結婚すると苗字は基本的に男性のものを
奥さんも名乗るのが普通でした。

例えば、Aさん(男性)とBさん(女性)が結婚した場合、
女性の苗字はABさんと言う風になっていたのです。

解りやすく言うと、王さん(男性)と李さん(女性)が結婚すると、
李さんは王李さんという苗字になるわけです。


しかし、これは過去のことで、現在では夫婦別姓、
つまり結婚してもお互いに名前はそのままと言うのが一般的になっています。
これが男女同権と言えるのか私にはよく判りませんが。

ただ、奥さんがご主人の姓を名乗りたいと言えば、
それも可能ですし、役所は受理します。

夫婦の間に産まれた子供の姓は、
一般的に父親のものを名乗りますが、別に母親の姓を名乗っても問題ありません。

日本でも男女別姓が可能になったようですが、
どちらでもいいと言われると、こだわりはなくなるような気がしますね。



ちなみに、中国の役所は戸籍なんかに関して、かなり適当です。



ピシッっと鞭を入れたら、駄馬も走る〜(^o^)





中国では同じ発音のにひっかけた笑える言葉や禁忌がありますが、
次は恐妻家?の中国バージョンです。



妻管厳と気管炎は発音が同じになるのですが、
この妻管厳が日本語で言う、恐妻家という言葉の冗談なんです。
<冗談というのも変かな?>


気管炎は日本語の気管支炎の事です。

それで発音が同じなので妻管厳は、奥さんが怖い病気って言うような
感覚でよく使われます。
妻に厳しく管理された、情けない亭主っていう感じかな?



女性から言うと、
酒も煙草も浮気もせず、せっせと働いてお金をコツコツためる亭主、
夜遊びも博打もせず、家事も子育てもしっかり手伝う亭主、
そんな亭主を見つければ女は幸せになれるし、
子供も幸せになれる。

そして、男の子はそんな父親を見て、同じような真面目な男に育って欲しいし、
女の子は将来そんな旦那さんを見つけなさいって言うような、
教訓とも冗談ともとれる言葉ですね。


ちょっと、最近の中国の女性は甘えすぎって感じが
私はしていますけど。
男が弱くなりすぎたのかも知れませんね。


私は翻訳や通訳を仕事にしているのですが、
中国人が面白くても、その面白さを日本の人に理解してもらうのは
難しい時がありますね(^_^;)



ピシッっと鞭を入れて、ベスト3に入賞!(^^)!




ダラダラと書いてきましたが、
最後はメルマガやブログで既に有名になった気もする
私のお母さんの話しです(^_-)



これも、去年の夏に来日していたときの話しです。
思い出すと、お母さんネタはいくらでも出てきます(^_^;)


盆踊りに行ったときに、息子の友達や私の友達家族が
たくさん盆踊りの会場になっている公園にいたので、
母親に、あの子は何人家族だとか、
あの友達は子供が何人だとか、説明してあげていたんですね。


すると、母親は子供が1人の夫婦、
子供が2人の夫婦、子供が3人の夫婦と一通り私の友達の事を聞いた後で、
子供の数で、夫婦仲が良いか悪いかを真顔で一刀両断。


子供が1人の夫婦と聞けば、あんまり仲が良くないんだね、
子供が2人の夫婦と聞けば、まぁまぁ仲が良いんだね、
子供が3人の夫婦と聞けば、とっても仲が良いんだね    って(*_*)

「夫婦は喧嘩しても、ベッドに入れば仲直り出来るから、
仲直りした回数だけ子供もいっぱい出来る」だって。


よく真顔でそんなことを娘に語るわ!

夫婦仲評論家か?



だから、あんたも子供が一人だから夫婦仲が良くなかっただろって、
私のことまでバッサリと。



確かに、私は離婚もしたし、旦那とは上手くいかなかったですよexclamation×2


私は反撃のつもりで、

「じゃぁお母さんとお父さんは、三人も娘がいるから仲が良い訳?」

「Hもよくしてるの?」って言ったら、



「以前はよくしてたし、仲が良かったけど、今はしてない」だって。



娘の前で堂々とこんな返事が出来るお母さんって……。

自分の母親ながら、あの物事の解釈の仕方や
何でも恥ずかしげもなく喋るあの性格って…・。

私、ちょっと似てる?


いや、全然似てない、似てないexclamation×2



母親に関しては、深く考えるだけ無駄なのだ。


教訓めいたことを言っても、所詮東急ハンズのトイレが好きなんだから。


人気blogランキング
posted by 楊 琳 at 08:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 中国の習慣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
にーはお!

ごめんなさい、遅くなりました!
じつは、6月21日から、彼とカナダに行ってました。 帰宅してからは、ブログ(もうひとつの)に、旅行記を書くのに忙しく、こちらをみていませんでした、、

お茶の勉強はなかなかすすまないのです。
でも、また、
時間を作って書いてゆきますね。

わたしのもうひとつのブログは、以下です。

「ふたりのスローライフ☆」
 http://blog.goo.ne.jp/budou2005/


 
Posted by budou2005 at 2005年07月03日 22:29
♪budou2005さんへ♪

彼とカナダですか?良いですね!

このブログもカナダで読んで下さっている読者の方が居るんですよ!私もいつか色んな国を旅行したいなぁ。

それと、お茶は勉強するものじゃなくて、美味しく飲むものですよ(^_-)
Posted by ♪budou2005さんへ♪ at 2005年07月04日 10:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。