2005年05月26日

中国茶の効能

私は基本的にサプリメントや話題になっては消えていく食材の効能を信じません。

と言うよりも、それぞれに効能はあるのでしょうが、続けなければ意味がないと

思っています。私の友達でも、コエンザイムが良いと言えばそれを買って飲み、

青汁が良いと言えばまたそれを買って、不味いから一度飲んだっきりとか・・・。

やっぱり効能が顕れるのにはそれなりの期間が必要ですよね!

それも一ヶ月や二ヶ月じゃなくて、一年二年といった単位で。

一週間で痩せるとか、これを飲めば若返るとか、キャッチコピーに惑わされて、

無駄なお金を使うのはやめた方がいいですよ!




メールマガジン書いている、私が好んで飲んでいる人参烏龍茶を

日本で販売しているサイトを見つけたのですが、そこにはこのお茶の効能が

こんな風に書いてありました。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

■人参烏龍茶とは

薬用人参(レンシェン)を粉状にして上級烏龍茶に多量にまぶし、

豊富な薬効を持つ人参成分を飲みやすく整えた高級薬茶です。

人参茶は台湾で特に有名な美容健康茶です。

味に厚みがあってほんのり甘くたいへん美味しい健康茶で

皮膚を保護し艶のあるお肌を保ちます。

効能としては、消化を助ける他、滋養強壮や疲労回復、

特に高血圧や中性脂肪の多い方に大変効果があり、

癌を予防することでも知られています。


■効用

人参は生薬の中でも上薬として位置し、副作用がほとんどなく

心身を正常化する多くの働きが認められています。

その主な有効成分である「サポニン」は末梢血管や

神経の働きを高める効果を持つ事が認められています。

他にもβカロチンや茶葉が持つ各種アミノ酸などが組み合わされ、

幅広い効果が望めます。サポニンとは、糖と他の成分が酵素を仲介に結合した

物質で副作用の心配の無い「アダプトゲン作用」の生薬として非常に有望な成分です。

また、2000年には人参より抗がん剤が抽出され、

注目を集めています。(「人民日報網絡版」記載)

この成分については調査段階ですが、

サポニンにも細胞の突然変異を防ぐはたらきもあり、

この成分もがんの発生を防ぎます。

さらに近年には、脳細胞のシナプスの働きを助ける作用を持つ

非常に稀少な有効成分としても注目を集めています。

【1】貧血 
増血作用とたんぱく質の代謝促進作用により、貧血を軽減し立ちくらみなどを防ぎます。

【2】肥満解消
代謝を高める働きにより、中性脂肪値・.コレステロール値を低下させます。

【3】疲労感の回復
血圧を正常に整える働きにより、低血圧による冷えや疲労感に有効です。

【4】冷え、むくみ軽減
心筋ポンプの働きを高めて血の巡りを良くし、冷えやむくみを軽減します。

【5】精神の安定
自律神経の乱れを整えます。寝付けない方や精神的に不安定な方のサポートドリンクとして。

【6】脳血管障害を防ぐ
脳の血流改善し、脳溢血や脳梗塞などの脳血管障害を防ぐ作用があります。

【7】老化防止
過酸化脂質の生成を防ぎ、既存酸化脂質を分解する効果により、肌を美しく保ちます。

【8】血糖降下
血中成分を正常にする作用があります。血糖値の高い方、糖尿病の方におすすめです。

【9】カゼの予防
体内細胞を正常に保ちウイルスの侵入を防ぐ能力があります。


よくこれだけ並べたものだと思いませんか?
でも中国の「医食同源」という言葉は知っておられる方が多いと思いますが、
この言葉の本来の意味は、毎日口にするもの、つまり食事やお茶に
身体に良いものを選びなさいと言うことなんです。

だから人参烏龍茶がいくら効能をいっぱい並べても、毎日摂らないと
書いてあるような効能は得られないと言うことです。

私は毎日このお茶を飲んでいて確かに健康だし、思い切って体型も暴露しますが
身長156cm、体重40kgをもう十年近く保っています。

美味しいお茶を飲んで、ダイエットも健康も手に入れられるなら大満足ですよね!
ただ、同じ銘柄の茶葉でも品質には差がありますので、いいものを選んで下さいね。




人気blogランキング
posted by 楊 琳 at 14:35| Comment(1) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
上海へ行ってきました、色々試飲して、台湾人参烏龍茶を買いました。
10グラムの真空小包が10個入ったパックが62元でした。
単価がこれより低い物もありましたが、これは良質な物でしょうか?
それと必ず一回目は器を洗いますが、器を温める為なのか其れとも茶葉のホコリや汚れを落す事も目的なのでしょうか?
Posted by はしげん at 2012年03月03日 01:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

中国茶「人参烏龍茶」をいただきました
Excerpt: 中国茶といえば烏龍茶とジャスミン茶くらいしか思いつかない私ですが、ちょっとはまっ...
Weblog: 横浜から。
Tracked: 2006-04-30 22:01
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。