2005年05月31日

中国の薬

先日から中国の「天天素」というダイエット薬を飲んで死者が出たって

ニュースでも報道されていますよね。大変、お気の毒だと思います。

みなさんも注意して欲しいのですが、中国製の薬はもちろん効果のある

良いものもあるのですが、その何倍も怪しい物が存在します。

ですから、多分日本の方にはその見分けも付かないでしょうから買わない、飲まない

というのが一番良いと思いますよ!もちろんちゃんとした日本の製薬会社が

成分検査もして輸入販売しているものなら別ですが。


以前の記事で、中国ではショッピングセンター内の薬局で女性のあそこの締まりを

良くすると称した薬が売っていることも紹介しましたが、こんなものも

冷静に考えれば効果は怪しいと誰でも判るはずです。

大きな店で売っているから安心安全でもないし、漢方だから安全でもないし、

とにかくよく判らないものは買わないことです!


だいたい、飲むだけで痩せるなんて言う理屈が本当だとしたら、それは

その薬やサプリメントを飲んで身体が弱るか、死にかけるような目にあって

物も食べられずに痩せるという、笑うに笑えないような話しとしか思えませんね。


私、メルマガでもちょっと自慢したんですが身長は156cmで40kgの体重をもう

10年以上もキープしているんですよ(^_^)v

食生活はよく食べるし、甘いものも好きだし、日本の友達で少し太り気味の

人と違うことを敢えてあげれば、やっぱり中国茶を日常的に飲んでいること

くらいしかないんですよ!

中国茶と言ってもプーアール茶は特に痩せると言われていますが、毎日

日常的に飲むには味も香りも向かないと私は思っています。

ですから、やっぱり基本は烏龍茶などの半発酵茶になりますね!

家でゆったり過ごす時は、ホットでゆっくり香りを楽しみながら、

外出の時は、ペットボトルに入れていつも持ち歩いています。

500mlくらいなら、すぐに飲んでしまいますね!


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
今朝までにプレゼントへ応募してくれた方は3人で〜す!

このまま増えなければ、今応募して下さった方には全員当たりますね。

でもせっかく10人分は用意していますので、応募された方がお得ですよ!

一度、この香りの元をブレンドして烏龍茶を飲んだら、きっと中国茶が

大好きになってもらえると思います!


それと、昨日のプレゼント応募の詳細で、ちょっと紛らわしい部分がありましたので
訂正してお詫びいたします。



(応募方法)の欄で2005年6月6日午前11時にメールマガジンでお知らせします。
と書きましたが、応募はメールマガジンの件名にプレゼント希望と書いて返信して
下されば結構です。


こちらの記載ミスで紛らわしい掲載をしてしまいましたので、応募締め切りは
6月10日とさせていただきます。
度々の不手際で申し訳ありません。

なお、昨日の記事もこれに従って書き換えますので、ご了承下さい。


人気blogランキング
posted by 楊 琳 at 11:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月30日

楽しかった週末

週末は友達のところへ息子と2泊3日で遊びに行っていました。

今回も山を散策して色んな発見をしてきました!

少し伸びた竹の子もとっても美味しく食べられることを知っていましたか?

旬の竹の子よりも歯ごたえがあって、米のとぎ汁で茹でて炒め物にしたら

とっても美味しいんですよ!それと、今回はドクダミ(十薬)をいっぱい採って帰りました!

乾燥させてミキサーにかけ、入浴剤にしたり、漢方薬としてのんだり、

やはり昔から伝わってきているものだけに、効果は抜群です。

高いお金を出してダイエットサプリやお通じの薬を買うくらいなら、

ドクダミを自分で採って試してみて下さいね!この季節、山にはいっぱいありますから!

あと、グミやサクランボを採って食べました!サクランボはスーパーで売っていたら

500円分くらいは食べたかな(^_^;)何と言っても高価な国産ですから!

今回目を付けて帰ってきたのは、もうすぐ熟れそうなビワと山桃です。

あと1、2週間すれば美味しく食べられそうなので、メッチャ楽しみにしています(^_^)v

みなさんは、山に自生している木の実や山菜、果実を採って食べることがありますか?

とっても楽しいですよ!一度、ぜひ挑戦してみて下さい。子供も喜びますよ。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

<プレゼントについての日程>

今日、中国茶にブレンドする香りの元プレゼントの詳細を発表すると、
約束していましたので、日程について書きますね!メルマガにも、同じ文を掲載します。

まず、以前から言っていたとおりプレゼントはメルマガ読者の方に限らせて頂きます。

プレゼント希望の場合の、メルマガ購読の登録締め切り

2005年6月10日午前9時


応募方法
 
プレゼント希望と件名に書いてメールマガジンを返信して下さい。
今日からでも応募は受け付けます。

 
メルマガに登録されていても、プレゼント希望と書いたメールを返信して
来られない方は、エントリーの対象になりませんのでお間違いなく。
※個人情報を悪用するような暇なことは絶対にいたしませんが、
信用していただけない場合は応募されない方が良いと思います。


抽選日
 
2005年6月10日中に抽選を行い、当選者(10名)の方にはメールでお知らせします。
当選された方は発送先をメールでこちらにお知らせ下さい。
 
プレゼントの発送
 
まだ、はっきり断言できませんが、遅くとも6月中にはお届けできる予定です。

当選者の方には香りの元のお茶のブレンド以外の用途も紹介したメールを
お届けします。

何かご不明な点があれば、メールを返信して頂ければお答えしますので
よろしくお願いします。


なにせ、個人がやることなので不備もあるとは思いますが、約束を守るために
一生懸命やっていますので、よろしくお願いします。

プレゼントの約束なんてしなければ良かったと、少し後悔しています(^_^;)


人気blogランキング
posted by 楊 琳 at 10:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月27日

メールマガジン

メールマガジンを購読して下さる方が、47人になったんですよ!

なんだかメッチャ嬉しいです!(^^)!

でも、お約束のプレゼントが希望者の数にもよるけど

多分、全プレにはならないですねm(_ _)m

希望者が10人より少なかったりして(^_^;)でも、この香りの元を

中国茶にブレンドして煎れるとホントに良い香りでお茶を楽しめるから

メルマガ読者の方は、ぜひ応募して下さいね!

この香りの元を入れるお茶の煎れ方は、中国でも南部では一般的ですが、

北京など北部ではほとんど行われていません。


自分の書いた記事を読んで下さる方がいらっしゃるというのは、

ブログも同じですが、他では味わえない喜びがありますね!

みなさんもメルマガを発行されてみてはいかがですか?

実はこのサイトに付いているメルマガ購読の申し込みは「メルマ」という

配信サイトの分なのですが、今は「まぐまぐ」からも発行しています。

最初に「まぐまぐ」から発行を始めたときにHTML形式だったので、

この二つのサイトに発行申請をしたんですが、「メルマ」の方が先に

許可がおりたので、こういう形になってしまいました。

購読して下さる数の内訳は「メルマ」は7人、「まぐまぐ」は40人です。

とりあえず、両方発行していますが二つも文章を書くのが大変なので、

これからは同じ記事を配信して、いずれ「まぐまぐ」一本にしようと思います。

プレゼントはどちらを購読していただいていても権利がありますからね!

月曜日にはメルマガ読者の方に、プレゼント応募の詳細をメールで配信しますね!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
話しは変わるけど、このサイトのプロフィールのところに中文版という部分があるでしょ!

中国の家族も読めるようにと思って、 excite と言うポータルサイトの

翻訳機能を使わしてもらったんだけど、この中国語訳がメチャクチャと言うか

かなり笑えるものです。知り合いに聞いても口語体の文章は正確に訳せないだろう

とは言われたんですが、ここまでひどいとは・・・(^_^;)

もし中国語が解る方がいらっしゃったら、クリックしてみて下さいね。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今週末は、息子と小旅行に出かけますので、ブログの更新ができないと思います。

みなさんも、中国茶でも飲んでリラックスしながら良い週末をお過ごし下さいね!



人気blogランキング
posted by 楊 琳 at 11:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月26日

中国茶の効能

私は基本的にサプリメントや話題になっては消えていく食材の効能を信じません。

と言うよりも、それぞれに効能はあるのでしょうが、続けなければ意味がないと

思っています。私の友達でも、コエンザイムが良いと言えばそれを買って飲み、

青汁が良いと言えばまたそれを買って、不味いから一度飲んだっきりとか・・・。

やっぱり効能が顕れるのにはそれなりの期間が必要ですよね!

それも一ヶ月や二ヶ月じゃなくて、一年二年といった単位で。

一週間で痩せるとか、これを飲めば若返るとか、キャッチコピーに惑わされて、

無駄なお金を使うのはやめた方がいいですよ!




メールマガジン書いている、私が好んで飲んでいる人参烏龍茶を

日本で販売しているサイトを見つけたのですが、そこにはこのお茶の効能が

こんな風に書いてありました。

続きを読む
posted by 楊 琳 at 14:35| Comment(1) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月25日

道楽者の姉二人

昨夜は、メルマガの読者に香りの元をプレゼントするために中国の姉に電話をしたら

上の姉は買い物に香港へ行ったと言うから、下の姉はと母親に聞くと

麻雀をしに出かけたって(-_-;)日本にいるこの妹は働いて息子を育てているのに、

上の二人は子供を母親に押しつけて、遊び回っているって、も〜腹が立つ(>_<)

そう、私は女三人兄弟の末っ子なんですよ。

でも、ちゃんとプレゼントは用意しますから、心配しないで下さいね。


ところで、このブログで以前に紹介しましたが、烏龍茶にレモンスライスを

入れて飲んでみられた方はいらっしゃいますか?

私は夏は特にこのお茶を好んで飲みます。

料理にもあうし、よく冷やしても美味しいし、なんと言っても爽やかですね!

この烏龍茶にレモンを入れて飲むのは、大阪でとってもお気に入りの

中華料理店のマスターに教えてもらいました!

マスターは北京の人で、もう日本に帰化していますが、このお茶をお客さんに出しています。


まだ上の姉は香港から戻ってないだろうけど、今夜は母親に小包の手配を

電話で頼むつもりです。

ホントに上の姉は広東語も喋れないくせに、香港に行って何を買ってくる事やら・・。



人気blogランキング
posted by 楊 琳 at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月24日

中国でのお茶のブレンド

昨日からやっとテキスト形式のメールマガジンが発行できたと思ったら、

30人ほどいた読者が、7人に減ってしまいました(;_;)

私がHTML形式などという、自分がわかりもしない形式でメールマガジンを

発行したのが原因だから自業自得ですね('_')

でも、今のところ以前に約束した香りの元プレゼントは

この分で行けば希望者全員にお届けできますね!

喜んで良いのか、悲しんで良いのか・・・(?_?)

でも、メルマガ購読者に限定したプレゼントだから、そろそろ期限を決めないと

いけませんね。メルマガ登録締め切りと、プレゼント応募をそれぞれに。

今夜、中国の姉に電話をするつもりだから、小包の段取りも勘案して

来週の月曜日くらいには、キチンと発表しますね!




<今日は中国でのお茶のブレンドについて、ちょっと書こうと思います。>

私の場合は烏龍茶と緑茶に香りの元だけをブレンドするのが

基本的なお茶の楽しみ方ですが、中国では様々な楽しみ方が存在します。

烏龍茶や菊茶と干し梅やイチジクのドライフルーツ、陳皮(ミカンの皮の砂糖漬け)を

合わせて楽しんだりするのがそれにあたります。

ただ、誰もがやっている訳ではなく、どちらかと言えば少数派というか、

年輩の方がこのような飲み方をします。

干し梅(カラカラに干した梅)は私も大好きで、中国人女性はおやつに

よくこれを袋ごと抱え込むように食べていることも珍しくありません。



人気blogランキング
posted by 楊 琳 at 12:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ブレンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月23日

イギリスの紅茶離れ

紅茶の国、英国で紅茶離れが進んでいるらしいですね。

紅茶に代わって、緑茶や白茶がブームになりつつあるとニュースで言ってました。

白茶(パイチャ)には抗酸化物質?が含まれているとかで、

健康茶としてか、ダイエットにか知らないけど、きっとそんな理由なんでしょうね!

白茶と言えば、中国でも白牡丹(パイムータン)などが有名ですが、

個人的には味もないし、ハッキリ言って美味しくないです。

ダイエットになら白茶より、よっぽど黒茶の方が効くと思いますよ!

って、イギリス人はこのブログを読んでいないか・・・f^_^;

黒茶はプーアール茶が代表的ですよね!

中国では緑茶、黄茶、白茶、青茶、黒茶、紅茶と

お茶を大きく六色になぞらえて分類しますが、

私はあんまり理屈っぽいことは書きたくないので、この話は今回限りにしますね。

だって、私自身、青茶(烏龍茶)と緑茶しか飲まないし、

ブレンドするのもこの二種類です。

ただ烏龍茶にも色々あるし、緑茶にも色々あると言うことです。


♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

今、以前にこのブログで約束したプレゼント用の香りの元と、とびっきりの

烏龍茶を中国の姉に頼んで送ってもらう手配をしているんですよ!

今日から、メルマガもテキスト形式で発行できるようになりましたので、

良かったら、登録して下さいね!

メルマガでは、ブログに書いていない情報も配信していますし、

今回のプレゼントも、メルマガの読者の方に限らせていただきますので、

その点はご了承下さい。

数があまりなく、そんなにたくさん買うと、

私の財布が空になってしまいますので・・・・f^_^;

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


人気blogランキング
posted by 楊 琳 at 11:15| Comment(1) | TrackBack(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月21日

烏龍茶の選び方(つづき)

中国では少しぐらい高いお茶でも味見をさせてくれるんだけど、

日本では安いお茶は別にして、高価なものは味見させてくれませんよね。

神戸南京町にあるお茶屋さんですらそうですから・・・(-_-;)

だいたい買い物の習慣からして中国と日本では違いますからね。

日本の中華街で商売をしている人たちは、ある意味、中国で商売するより

楽じゃないかって思いますよ!

だって、日本人は値切らないから。

まぁ、私みたいに大阪のおばちゃんと化した中国人は値切るけどね(^_^;)


そうそう、お茶の選び方だった。

味見ができなくても、匂いだけでも嗅げたら参考になります。

よく、日本で売られている中国茶を解説した本には、岩茶はミネラルが多く

○○○のような香りが・・・とかややこしいことが書いてあるけど、

匂いと味は、文章なんかじゃ判らないっていうのが、私の考えです。

ただ、烏龍茶でも飲んで美味しいものは花のような香りがします。

味と香りが一緒になって美味しいと感じたり、和んだりすると思いますよ!

それでは、どんな香りのものが美味しい烏龍茶か?

ずばり、匂いを嗅いで自分が良い香りだと感じたものが一番です!

エッ、無責任な答えだって?

もちろん、私はたくさんの中国茶を飲んできたし知っているから、

自分が美味しいと思うお茶はありますよ。

それに、自分が美味しいと思うお茶を日本の友達に飲ませてあげても、

十中八九は気に入ってくれるし、分けて欲しいとも言いますが

選び方としてはみなさんが、それぞれ好ましいと思ったものとしか言いようがありません。

もし、匂いを嗅がせてもらえるなら試してみて下さいね、意外にお茶によって

香りにはかなり差がありますから。

それと、もうひとつアドバイスしておきます。

中国の商品は過剰包装だと言うことを頭に入れておいて下さい。

立派な箔押しされた箱、六角形で筒のような形状の箱、木箱、印刷の施された缶、

壺、こんな入れ物に惑わされてはいけませんよ!

あんなのは、包装に中身の何倍もの経費がかかっているから、

高いお金を出して入れ物を買っているようなものです。

匂いも嗅げないしね!

せっかく中国茶に興味を持ってくれている方々には、ホントに美味しいものを

飲んでいただけるように、少しずつ色々教えてあげますね!


人気blogランキング
posted by 楊 琳 at 10:16| Comment(6) | TrackBack(0) | 烏龍茶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月20日

メールマガジンのお詫びとお知らせ

<私のメールマガジンを購読して下さっている方にお詫びとお知らせがあります。>


無知な私が初めてメールマガジンを発行しているのですが、

「まぐまぐ」発行登録をする際に、HTML形式を選択したため改行が

できていなく、大変読みにくいものになってしまっていました。

私は改行していたのですが・・・・(-_-;)

それで、内容はそのままにタイトルを変えて新しいメールマガジンの

発行申請を現在行っています。もちろんテキスト形式で・・・(^_^;)

発行が可能になり次第、メルマガはそちらに移行しますので、

変更をよろしくお願いいたします。(二週間以内に可能だと思います)

せっかく購読を登録していただいた方々には大変ご迷惑をおかけしますm(_ _)m

新しいメルマガは、このブログからも購読の登録ができるようにします。



♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

■ご迷惑をかけたお詫びプレゼント

新しいメールマガジンへの移行が完了した後、メールマガジンを購読者で
ご希望の方の中から、抽選で10名様に私が烏龍茶と緑茶と
一緒にブレンドする香りの元を10gプレゼントします。
この香りの元を入れると、少し安い茶葉で煎れても最高の香りが楽しめますよ!

 
商品は今、実家に頼んでいますので届くまでにしばらくかかりますが、
必ず当選者には送りますので、信用して下さいね!

なんといっても、個人がやることなので、私にとってはこれでも大盤振る舞いです(汗)

友達にも中国に帰ったときや、中国から送ってもらったときには、

茶葉と一緒に売っていますからね。友達も楽しみにしてくれている

茶葉や香りの元だから、きっと喜んでもらえると思います!

ただ欲しいという方が多かったときに、どうやって抽選しようかと

余計な心配までしています(^_^;)

だって、応募はメールしかないし、来たメールからどうやって10人を選ぶか…(?_?)

なんたって一人でやっていますから…

アッ、小学生の息子に選ばせたら恨みを買わないでいいかも知れませんね!


♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪



人気blogランキング

posted by 楊 琳 at 09:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月19日

烏龍茶葉の選び方

みなさんは烏龍茶を買うときに、どんな選び方をしているでしょうか?

ペットボトルじゃなくて茶葉ですよ!

銘柄や産地も中国に詳しい方なら、よくお解りかも知れませんが、

お店の言いなりになったり、スーパーで極端に安物の茶葉を買ってないですか?

まず、大きな袋(中の見える)に入った烏龍茶は絶対にダメ!

あれを飲んで烏龍茶や中国茶を嫌いになられたら悲しいですね。

できれば、よく葉っぱが巻いているものが銘柄に関係なく安心して買える茶葉です。

烏龍茶ですよ、緑茶は巻いているものなんてありませんからね!

岩茶でも、頂凍烏龍茶でも葉っぱが紙くずを丸めたようになっている物なら

4煎くらいは美味しく飲めるし、香りもいいはずですよ!

ただ、あんまり高い物は意味がないので、毎日楽しむなら100gで2,000円くらいの

ものを探すのが正解ですね!日本での話しですよ!


実は私も烏龍茶を日常的に飲むようになったのは日本に来てからなんですよ!

中国でお茶の産地と言えば福建省が有名ですが、福建人はお茶をあまり飲みません。

作るだけなんですね。広東人もふだんは水を飲んでいます。

烏龍茶に関して言えば、中国人より日本人の方が多く飲んでいるかも知れませんね!


人気blogランキング
posted by 楊 琳 at 06:37| Comment(2) | TrackBack(1) | 烏龍茶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月16日

女性の下着2

昨日は記事を書けなくてごめんなさいm(_ _)m

一昨日の続きですが、中国では女性も下着を堂々と外に干すのです。

これは日本ではなかなか理解してもらえない習慣だと言うことはよく解りました。

しかし私はこの習慣は変えるつもりがありません。

他のことに関しては結構、「郷にいれば郷に従え」で合わせてきたのですが・・・。



「洗面器ご飯」の続き

一条さゆりさんの「洗面器ご飯」には、中国のショッピングセンター内にある

大手の薬局チェーンなどで「緊美薬」という薬のパッケージを手にとって、

ダイエットの薬だと思いこんで「これ、効く?」と店員に訊いたそうです。

「もちろん効きますよ!」って返事が返ってきたのですが、

使い方を訊くと、自分で箱を読めというジェスチャー。

「なになに、一回一錠を指にのせ、陰部に奥深く差し込む、

必ず性交の30分以上前に使用すること」

そうです、この薬は私も見たことがありますが、あそこの締まりをよくする薬。

一条さゆりさんは、こんな薬がショッピングセンターの、しかも

横ではスナックテラスで男性が食事をする横で売っているのが信じられないと

書いていました。

確かに、日本ではあり得ない状況でしょうね。

でも中国では、もう当たり前の光景だし、大人のおもちゃが空港で売られていたり

するんですから、日本人にはビックリでしょうね!

最近、お茶の話しから脱線していますが、せっかく読んでくださる方に

面白い情報もお届けしたいので、色々笑える情報を書いていくつもりです。

それではまた!


人気blogランキング
posted by 楊 琳 at 12:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国の習慣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月14日

女性の下着1

中国では年頃の女性でも下着を洗濯したら、ちゃんと日光に当たる場所に堂々と干します。

私が日本に来て友達に言われたことがあるのですが、女性の下着は室内に干すものよって!

これに対して私は真っ向から反論しました。

「日光に当てた方が殺菌もできるし、それに下着はお風呂で自分で手洗いするのだから

脱水していないし、ぼとぼと水が滴るし、下着を盗られたこともないし、日光に

当てないと気持ちが悪い」と・・・。

すると友達は、「自分が身につけている下着を誰からも見えるところに干すというのは、

恥じらいというものがあるでしょ!」って言うのです。

中国人の私にはそれが理解できません。なんで恥ずかしがる必要があるのかが・・・。

でも一条さゆりさんの書いた、「洗面器ご飯」と言う本を読んで、日本人と

中国人の感覚の違いが解ったような気がしました。

ごめんなさい、今日はもう眠たいので続きは明日書きますね!

毎日、ちょっとこのブログをのぞいてもらえると嬉しいです。



人気blogランキング
posted by 楊 琳 at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国の習慣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月13日

洗面器ご飯?

最近、一条さゆりさんが書いた、「洗面器ご飯」と言う本を図書館で借りて読んでいます。

一条さゆりと言う方は、広州に住んでいるらしくて、この本が書かれたのは2003年。

中国の労働者はホーロー製の洗面器にご飯を入れ、その上からおかずを何種類か

乗せて食べているって書いてあります。私も十数年前に広州の旅行会社に勤めていましたが、

洗面器でご飯を食べたことはないなぁ(^_^;)

でもウソを書いているわけではないだろうし、そんなこともあるのでしょうね!

著者もその洗面器ご飯を食べたと書いてありましたが、何種類かのおかずを

グチャグチャに混ぜて食べるから、ギブアップしたって!

麻婆豆腐と酢豚とチンゲンサイ炒めをご飯とグチャグチャに混ぜて食べることを

想像してくれたら、私がギブアップした気持ちも解るでしょうって、そりゃそうだ!

お茶のことばっかり書いていてもネタが尽きるので、しばらくこの本に書かれていることを

私の中国での暮らしと比較して楽しもうかと思っています。

何と言っても中国は広いから、色んな人がいて、地域ごとに色んな習慣があありますからね!

人気blogランキング
posted by 楊 琳 at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国の習慣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月12日

専門店では・・・。

中国茶を専門に扱っているショップのホームページを見たりすると、

丁寧にお茶の煎れ方が書かれていたりしますよね!

例えば、頂凍烏龍茶なら六煎まで出ますとか、何ccのお湯に対して

茶葉が何グラムだとか・・・・。

それから、急須や湯飲みを熱湯で温めてとか・・・。

コーヒーならカップを温めておかないと注いだときにその温度差で

酸味が出たりするけど、お茶は熱いのが好きならそうすればいいし、

面倒なら別にそこまでする必要はないと思いますよ!

茶葉やお湯の量も実際に計る人なんていないと思うし、私も量なんて適当。

だって毎日手軽に楽しんで、美味しくヘルシーにが私のモットーですから!

B型の適当さとも言えるけど・・・・(^_^;)

とにかく、表千家や裏千家じゃあるまいし、堅苦しいのはやめましょう。

今日は美味しい烏龍茶葉の選び方を書こうかと思ったんですが、

あんまり次々に書いてしまうと早々にネタ切れっていうのも寂しいから、

また次の機会に紹介しますね!

人気blogランキング
posted by 楊 琳 at 05:46| Comment(2) | TrackBack(1) | 烏龍茶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月11日

私流烏龍茶の煎れ方

日本の緑茶は沸騰したお湯よりも、少し温度を下げて煎れるのが美味しいらしいですね。

でも烏龍茶は基本的に沸騰した熱々のお湯で煎れます。

だから誰がやっても沸騰したお湯は同じだから簡単ですね。

茶葉は私の場合、烏龍茶葉と緑茶葉を適当にブレンドしています。

急須に茶葉を入れて、溢れるほどに沸騰したお湯を注ぐ、これがホットでの飲み方です。

よく以前は茶葉に付いた不純物を洗い流す意味で、一回目は捨てるなんて

話しも聞いたことがありますが、今は衛生面でもそんな心配はないと思います。

あと、アイスの場合なのですが、私は薬缶にお湯を沸かして

沸騰したらそこにたっぷりの茶葉を入れ、火を止めます。

茶葉は冷めるまでそのままにしておき、ペットボトルなどに移して冷やします。

私の場合、夏以外は冷やすと言うより冷めれば茶葉を漉して出来上がりです。

この時、熱い内にレモンスライスを適量入れて冷ますと、

これが烏龍茶?っていう新鮮な風味になりますし、

少し脂っこい料理にもピッタリですから、ぜひ試してみて下さいね!


人気blogランキング
posted by 楊 琳 at 16:16| Comment(2) | TrackBack(1) | 烏龍茶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月10日

中国でもペットボトルの・・・

みなさんはどんな中国茶がお好きでしょうか?

あまり飲まないという方もいれば、ペットボトルの烏龍茶くらいという方もいらっしゃるでしょうね。茶器から揃えて、本格的に中国茶を楽しんでおられる通の方も増えているのかも知れません。
私は中国の桂林出身ですが、最近では中国でもペットボトル入りの烏龍茶を飲む人が増えています。なんだかおかしな現象ですよね!中国人が日本のメーカーの烏龍茶を中国で飲んでいるって。

もともと中国の一般家庭で日常的に飲むお茶は緑茶です。烏龍茶よりもはるかに消費は多いはずなんですよ!現に、私が烏龍茶を日常的に飲むようになったのは日本に来てからです。でも確かに烏龍茶はホットでもアイスでも美味しいから、いつでも飲みやすいですね!

烏龍茶葉を私は桂林の実家から送ってもらっています。それに香りを添える花も一緒に・・・。

私もこのブログでとっておきの中国茶の飲み方や、医学的確証はありませんが飲み続けたときにどんな効能がある(ような気がする)のかなどをこれから書いていきたいと思いますので、みなさんも何か独自に中国茶の楽しみ方をお持ちならお気軽にコメントを頂ければ嬉しいです。


posted by 楊 琳 at 08:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 中国の習慣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月09日

今日からブログを始めます。

辛苦了は日本語で「お疲れさま」と言う意味です。

辛くて苦しい時間が終了したって言う字がなかなかユニークだって

日本の友達に言われたことがあります!

このブログは私が普段から飲んでいる中国茶を友達に飲ませたときに

とっても評判がいいので、みなさんにも中国茶の効能や楽しみ方を

知っていただきたくて始めました。

日本ではちょっとまともな中国茶はとっても高価ですけど、そんなに高い

お金を出さなくても美味しくて日常的に楽しめる普段着の中国茶の

お話をしていきたいと思っていますので、参考にしていただければ嬉しいです。
posted by 楊 琳 at 21:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。